現在、私はどうやら、「ワームホール」に陥ってしまっているようです。しかも、最初は、架空上の体験にすぎないと高をくくっていましたが、どうもそれは、もっとリアルなもののようです。「ワームホール」とは、なんのなんの、なかなか見かけによらぬもののようです。前回のたとえ話で言えば、近道に気付いたドッグレースの一匹のドッグの心境です。そしてこれをもう少し実情に即して言えば、三次元の世界からもっと高次元の世界へと、「越界」をこころみる未体験の通路を、勇気をふりしぼって通りぬける、その不気味さと緊迫感です。 詳細記事

 == 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ == 

 

総合統一場理論

 Grand Unified Field Theory

 

〔ブラッド・オルセン著『東西融合〈涅槃〉思想の将来性』の

上記タイトルの章(原書 p.311-20)の前半部翻訳〕

 

前進は、疑問に答えることから生じる。

その答えに疑問を与えることから、発見が生まれる。

バーナード・ハイッシュ

〔ドイツ生まれの米国の宇宙物理学者〕

 

数学は神の言語だと言われてきた。しかし、今日まで、誰もその神の言語を使ってこなかったようだ。本章の前半は、2010年、ノースカロライナ州、シャロットで開催されたTED〔世界的講演会を主催している米のグループ〕で、ランディー・ポーウェルが行った「渦巻原理の数学〔Vortex Based Math〕」と呼ぶ講演に基づいている。 詳細記事