2015年10月6日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、5月以来、6ケ月連続して2.0パーセントが維持されることとなります。