率直に言って、今回の訳読は、これまでのうちで最も「信じがたい」とコメントしたい議論です。

ことに地下基地について、確かに冷戦時代、まだ若かった私は、核攻撃に備えた地下シェルターがアメリカ全土に建設され、個人の家庭向けにも小規模の地下豪が販売されたとのニュースを幾度も聞いたことがありました。そうした話を思い出せば、点としての重要地下シェルター施設が線としての地下トンネルで相互に結ばれていたというのはあり得る話ではあります。 詳細記事

FutureEsoteric-cover-2-web


== 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

【新版(Second Edition)に基づく】

「我々は、自らの意志に反して、着実に移動し、漂流しているようである。それは、あらゆる人種、国民、階級の意志に反して、ぞっとする大惨事に向かってである。誰もがそれを差し止めたいとしているが、その方法がわからない。」

ウィンストン・チャーチル

1950年代初めに着手された地下基地の広大なネットワークは、米国から始まり、その費用は膨大な数兆ドルにおよび、人類史における最大の建設プロジェクトをなしている。また、ほとんどの人びとは、こうした地下基地が存在していることすら知らない。「限りなき変貌」の調査者によると、以下が比較的知られた米国の地下基地の一部で、その多くは、最初、冷戦の勃発とともに建設された「政府継続(GoC)」施設として着手されたものである。

詳細記事