Day 1,390 & 110(1月22日〈月〉

朝8時45分発のエミレーツ航空EK0412便でクライストチャーチへ。3時間の飛行で現地時間午後1時50分着。公共バスで市内へ。

街は、2011年2月22日の大地震からの復興はまだ半ばという感じで、真新しいビルと、ひびの入った無人のビルや更地にされた未復興の土地区画が入り混じっていて、生々しく痛々しい。

文字通りの象徴であるクライストチャーチ大聖堂は、その尖塔部分が崩れ落ち、まだ本格的復興は着手されておらず、鉄骨によって支えられ、かろうじての姿を保っている。立ち入り禁止の周辺は草が生い茂り、以前に訪れた際の記憶にある、おごそかな広場の雰囲気は全くない。

詳細記事