日韓連合、反撃の開始か
 3月17日、日本経済新聞を例にして取と、 「丸紅、世界最大級の鉄鉱山開発、豪で事業費8400億円――韓国ポスコと組み資源メジャーに対抗」 との記事が朝刊一面トップに掲載されました。これは、時間の物差しをうんと延長して言いますと、鉄鉱石売買をめぐるひとつの反攻が始まったか、とも見られる動きです。(詳細記事


私共和国 bT7     熱力業風景 (その3)
             戻ってきてしまった場所

 また、ここに戻ってきてしまったな、と思わされる日々。
 四半世紀前、中年留学生生活を始めた時、そこからスタートしたその振り出し点です。
詳細記事




bP21   ダブル・フィクションとしての天皇 (第63回)
               北進派=皇道派、南進派=統制派
 私には、同世代のタイ人の友人が居ます。その彼と話合うとき、よく話題にのぼるのが、タイと日本との類似性です。もう十五年ほども昔の話ですが、最初に彼から、その類似性を言われた時、今から思えば傲慢なことだったのですが、 「日本とタイが似てるだって?」 と、ある反発を覚えました。つまり、 「自分は日本という “先進国” の人間であって、タイのような “途上国” のことと一緒にしてもらっては困る」 といった意識だったのです。(詳細記事

  <訳読>  『天皇の陰謀』  第17章 北進か南進か (その4)
                  
(本文へ)

   リンク
   「自給道楽」を開きます       地球ワーキング トラベラー見聞記
     
Google
WWW を検索 当サイトを検索