地球外の惑星

〈訳読‐2〉「東西融合〈涅槃〉思想」の将来性(その28)

 

== 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==FutureEsoteric-cover-2-web

【新版(Second Edition)に基づく】


地球外の惑星

こいつらはでっかい。 何て大きさだ。信じてもらえないだろうが、どこかの宇宙船がここにいるって言っているんですよ。クレーターの向こう側に並んでいる。月面上で、我々を観察している。」――アポロ11号宇宙飛行士ニール・アームストロングのコントロールセンターとの交信

上のニール・アームストロングとNASAとの交信は、1969年の歴史的な月面着陸の際のもので、テレビやラジオ局が使用する周波数を通じて、ハム無線家が傍受し記録したものである。 その月面に立った最初の人間は、他の宇宙船が着陸船イーグル号が着陸したクレーターの縁に列をなしていると語り、後にこうコメントしている。「それらの宇宙船は、大きさと技術の両方で、我々のものをはるかに凌駕していた。 そいつはでっかく、かつ、威嚇していた」。ニール・アームストロングはまた、NASAが最初に月に到達したわけではないと述べた。 1979年、NASA通信システムの元チーフ、モーリス・チャテレインは、ニール・アームストロングが実際にクレーターの縁に2機のUFOを見たと報告してきたことを断言している。「この遭遇はNASAにとっては常識であるのだが、今までそれについて誰も語ってはいない」と彼は述べている。残念ながら、NASAはUFOの存在については何の公表もしていない。

月面歩行をした6人目の男、エドガー・ミッチェルとマーキュリー7のパイロット、L・ゴードン・クーパーは、最も多弁な宇宙飛行士だ。エドガー・ミッチェルはUFOを見たと主張し、ETには一度も遭遇したことはないものの、グレイとロズウェルの回収についてこう語ってている。「エイリアンは私たちの間にいるが、それが何人で、どこで、どのようにしているのかは分からない。だが、かなり長い期間、地球や私たちを観察している。そして我々は、そうした宇宙船を常に見てきている」。クーパー宇宙飛行士はかつて国連の席上で、「ETは実在し、彼らはこの世界にいる」と語った。クーパーは、宇宙計画に参画する前、彼の戦闘機中隊がヨーロッパでの任務で飛行中、円盤型の物体を目撃したと語っている。1958年、彼がエドワーズ空軍基地に勤務していた際には、小さな円盤が乾いた湖底に着陸し、ものすごい速度で飛び去るのを目撃したという。

宇宙飛行士や軍の幹部は、UFOの目撃について沈黙を守らねばならず、それに違反すると、10年の投獄、10,000ドルの罰金、ヒーローとしての地位の喪失、社会からの嘲笑という危険にさらされ、支払われるべき給与を失い、以後永遠に職ありつけない恐れがある。 それを口外した人は、 アメリカの真の英雄としての公上の地位を失う、大きなリスクを負うことになると言えば十分であろう。

 

ETと遭遇したアポロ宇宙飛行士

アポロ11号の宇宙飛行士ニール・アームストロングとエドウィン・バズ・アルドリンの二人は、月に着陸した歴史的1969年7月21日のすぐ後、光る球体を見たと述べた。アームストロングは、それは真実だと断言したものの、背後でCIAの隠蔽があることを認めた以外に、それ以上の詳細におよぶことを拒否した。月に上陸したアポロ11号の宇宙飛行士らは、彼らを驚かせた活動の痕跡に気付いたとの談話を述べ、それは、この歴史的着陸に注目している世界中の熱心な聴衆と一般の人々にそのまま放送された。 帰国後、その宇宙飛行士たちは平静に沈黙を維持し、それ以後の放送は一度もなされなかった。その 宇宙飛行士たちは、その目撃談に触れるなとの厳重な命令下におかれている。

アポロ11号の宇宙飛行士バズ・アルドリンもまた、月に最初の人間を着陸させるための歴史的飛行中に一機の宇宙船を見たと語った。「そこに何かが飛んでおり、それは観察できるほど近くだったが、それは何だったのか。もちろん今、私たち3人は口を滑らすわけにはいかない。『ヒューストン殿、我々と一緒に何かが飛んでいたが、それが何かは知らなかった。だが それは何だったのか、言ってくれよ。』」

月面でのET遭遇事件を初めて確認したのは、ソ連の科学者たちであると言われている。モスクワ大学の物理学者で数学の教授であるウラジミール・アザハ博士は次のように述べている。「私たちの情報によれば、この遭遇は着陸船の着陸直後に報告された。 「ニール・アームストロングは、2つの大きな神秘的物体が着陸した月着陸船の近くでそれをを観察していた、との交信をコントロール・センターに送った。しかし、NASAがそれを検閲削除したため、彼のその交信は一般には聞かれなかった」。だが、もしこの任務にまつわる秘密がないのなら、なぜこの目撃は公開されないのか。匿名を希望するある教授は、NASAのシンポジウムにおいて、ニール・アームストロングとの議論にのぞんだ。アポロ11号に実際、何が起こったのか、と同教授は質問した。アームストロングはそれにこう答えた。「むろん、いかなる可能性もありうることは知っていたが、信じられないことに、我々は(ETによって)近づくなと警告された。その時、宇宙ステーションや月面都市については、いかなる疑いもなかった」。その教授はアームストロングに、「近づくなとの警告」とはどういう意味かとさらに尋ねた。アームストロングの答えは、「 その飛行船が大きさと技術の両方で私たちのものよりはるかに優っていたこと以外に、私はその詳細に触れることはできない。諸君、それは巨大で、しかも、威嚇的だった。 宇宙ステーションにいたっては、疑問すらなかった。 ・・・その時、NASAが〔事態の〕責任を負っており、地球上にパニックを引き起こすわけには行かなかったのだ」というものであった。数年後、L・ゴードン・クーパー宇宙飛行士は、国連の委員会で証言し、アポロ11号宇宙飛行士の1人は、実際に月面上のUFOを目撃した。アポロ14号のミッチェル宇宙飛行士は、1971年に月から無事に帰還した際の彼の気持ちについての質問にこう答えた。「私たちはそこにいるのは自分たちだけではないと感じたため、常に周囲を見回していなければならず、私の首には今も痛みがある。 私たちはただ祈る以外に選択はなかった。」

 

月の謎

月面上に見られる構造物について述べる前に、私たちは、科学者にまだ大きな疑問を投げかけつづけている、月に関するいくつかの謎について触れておく必要がある。そのまず第一は、なぜ月にはけっして地球にそれを見せない裏面があるのか。あるいは、月はどのように地球の軌道に乗ったのか。地球を回る理由は何なのか。なぜ他のすべての惑星と同様に〔太陽を中心に〕公転しないのか。なぜ縮小しているのか。「底なし」のクレーターをどう説明するのか。マスコンと呼ばれる月の海で発見される高い質量の集中箇所が引力の変動を引き起こし、それにこれまで満足のいく説明はされていない。月は私たちが信じさせられているような死んだ惑星ではない。また、月が大気を持ち、水のポケットをもっているという揺るがない証拠もある。月にはいったい、何が生じているのだろうか。

私たちの月は太陽系内の他の惑星の衛星とは異なっている。私たちの月は、科学的な年代測定によると、地球よりもおよそ80万年古い。 地球は約46億年前に生まれたと考えられているが、月の岩石には約53億年前のものが発見され、そうした岩石がその中で発見された塵は、それよりさらに約10億年も古いと考えられている。こうした情報は、歴史の早期に、地球が他の天体と衝突したことによって月が生まれたという理論と矛盾している。また、希有なことに、太陽系内において、地球の月は、安定したほぼ完全な円軌道を持つの唯一の月であるということである。 地球の表面上のどの場所からも、月の片側だけしか見えない。高さ2キロの塔や、均一な帯模様は、月が人工的な衛星として作られたことを示唆している。火星の灌漑運河と同様に、月には、陸地や台地形成の証拠もある。

月に関する最大の学問的な謎は、明らかにその大きさにしては、誤った軌道をもっていることである。このような主張は、その想定密度を根拠としている。すなわち、物理的データによると、月の密度は3.3で、地球の5.5より軽い。天文学のデータによると、月の内部は外側より密度が低く、部分的に中空である可能性があるとの必然的な推測を引き起こしている。月が「中空の物体」であることを示唆するこうした興味深い事実は、流星が月に落下したときに確認され、その後、月は鐘のように鳴り響く。宇宙飛行士はこれを知っており、アポロ12号の乗組員が2番目の任務のために月に着陸した際、彼らは上昇の際、意図的に着陸船をを月面に墜落させた。軌道に戻った後、月と衝突した着陸船の衝撃は、地震探知機に1時間以上の連続した残響を記録した。

これらの結果は、アポロ13号の任務の際、第3番目の接触の間に繰り返され、月を3時間以上にわたり反響させた。これは、月が自然の原因から空洞となっているのではなく、大規模な採掘作業の結果として起こされているのかもしれないという推測をもたらしている。月が空洞とする研究者は、これは人工的な手段を使って月の内部が掘り出された証拠であると言う。彼らは、月が約30キロメートルの厚さの表面殻を有し、ほとんどが金属で構成されていることに注目している。これはまた、宇宙飛行士が月の海を数インチ掘り下げた際、宇宙飛行士が極端な困難にあったことを説明し、ドリルビットを引き抜くと金属の削り屑が見えたことを説明している。月の岩石には自然では見られない、黄銅、雲母、チタン、元素ウラン236とネプツニウム237が含まれていた。

 

月面基地

元海軍諜報担当官で内部告発者となったウィリアム・クーパーは、ETの月面基地が存在しているばかりでなく、米海軍情報機関は、その最大の月面基地を「ルナ」と呼んでいると報告した。彼はまた、米国の秘密宇宙計画には、 月と火星における基地をそれぞれ「アダムとイブ」と呼んでいる。 NASAや他の宇宙関連機関は、そこ〔月〕では巨大な採掘作業が進んでおり、その裏面ではETが巨大な母船をすえていることを知っている。 クーパーは、地球への旅行は、より小型の「空飛ぶ円盤」で行われていると述べている。ETの基地のルナは、地球から見えない月の遠い側つまり裏側に位置している。クーパー氏によれば、ある基地では、非常に大きな機械を使用した採掘作業が行われており、そして母船として目撃報告された非常に大型のETの宇宙船がそこに存在している。 これらはアポロ宇宙飛行士によって目撃され、報告され、撮影されたが、もちろんその情報は公表されていない。

1994年、月の地図を描くためにNASAはクレメンタイン・ミッションを送り出した。 その映像が公表されたとき、いくつかの物体は完璧に覆い隠されていた。そこに見れるのは、キノコの形をした建物、背の高い物体、塔、広大な採掘作業などである。月面には数十の基地があり、とくにクレーター・ケプラーには4つのドーム、鉱山機械、ピラミッド、タンク、塔、キリスト教の十字架、さらには第二次大戦期の「Liberator〔解放者〕」と呼ばれたB-24爆撃機さえ存在している。クーパー氏によると、1954年以来、人類による月の秘密基盤は稼働している。 その人類の月面基盤は、米国、英国、ロシアの合同作業によるものである。その基地はグレイによって与えられた技術を使って作られたものである。

 

月面上のET基地

1970年代半ば、CIAが資金提供するスタンフォード研究所(SRI)は、月独自の座標を調べるために、同研究所の心的遠隔視覚者の数人にその任務を命じた。 そこで彼らが発見したのは、月の裏側に存在する主要なET基地で、それは、球状の建物、塔、約0.5キロメートルの大きさの巨大な構造物をもっていた。 Ocular Lunaのような他の場所では、大規模な鉱物採掘現場が明らかになった。 ダーウィンという名のクレーターでは、数十年の間でその姿が数回も変化し、膨大な量の土砂の移動がされているかのようであった。 月の向こう側では大気があるようで、宇宙飛行士は月の大気の中で雲を見たとさえ報告している。

月の表面のどこかには、活動中の月面基地都市があって数キロにも広がっており、放棄されたものもある。 巨大な透明なドームは、多くのトンネルや建物をもったそうした基地をおおっている。クレーター・コペルニクスの近くでは、クレータの端から立ち上がる透明なドームが発見されている。 そのドームは異様で、その内側から白と青で輝いている。他の異様な物体は、月にとっても奇妙なもので、 コペルニクスの「工場」区域の上部に発見されている。それは、壁に囲まれた四角い基礎部に直径約50メートルの円盤が乗っている。 写真ではその四角形の近くの地面に、地下壕に入る入口ような、暗い円形の開口部が見えている。その「工場」とクレーター・コペルニクスとの間には、幅300メートル、長さ400メートルの正長方形の区域がある。 クレーター・コペルニクスは、深さ3.8キロメートル、直径93キロメートルもある。 研究者のデイビト・ハッチャー・チャイルドレスによると、クレーター・ガッセンディや他の数十のそれは、クレーターの底から発する光が観察され、一時的な月の発光現象と呼ばれるている。彼はまた、月面から立ち上がっているピラミッドやオベリスクを報告している。火星と木星の間の小惑星帯にあるセレスのクレーターでも、月の一時現象の二重光線が見える。

母なる自然が、完璧な90°の角度や直線あるいは完全なドーム形を作ることはないため、月面の部分的に造形された物体を自然な地形構造と見ることはできない。それらは 通常の物体ではなく、複雑な構成と幾何学的構造をしている。アポロ15号の着陸船が着陸したハドレー・ライルから遠く離れていないハドレー・リマの上部では、背の高いD字型の壁で囲まれた建物が発見された。クレーター・ティホの近くでは、段々畑状の謎の岩石掘削場が発見された。 その同心六面体状の掘削とトンネルの入口は、自然の地質学的過程がもたらしたものではない。むしろそれは、露天掘り鉱山と非常によく似ている。 奇妙なことに、高性能の国家所有望遠鏡は、月の接近表面を撮影することが許されていない。

アポロ10号の宇宙飛行士は、月面にはっきりと影をおとす14キロメートルの高さにそびえる「城」と呼ばれるものを含め、月面のいくつかの異常な物体の特異な画像(AS10-32-4822)を撮った。その物体は、いくつかの円筒形ユニットと大きな結合ユニットから構成されているらしい。その「城」の内部の多孔質構造がそうした写真のうちの一枚にはっきり見られ、物体の一部は透明であるという印象を残している。それは、月のリマ・ハイジニアスとボスコビクの間の領域に位置しているが、NASAのウェブサイトに現在掲載されている画像は修整されており、元の様子は示されていない。ともあれ、月の少なくとも44の地域で、特別に異なる基地構造の人工物が発見されている。これらの写真や報告書から、地球の月は小惑星帯と共に、グレイやドラコニアETの「統治軍」のための永久基地として使われている模様である。アポロ宇宙飛行士や他の人たちが、そうした構造物を発見している。

(with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

右下のNASAの画像は、証拠を隠すために意図的にぼかされている。 「ゼーマン・クレーター・アノーマリー」と呼ばれるこの巨大な月面基地構造物は、数階の高さがあるらしい。 この構造物が軌道上から明らかに分かるという事実は、それがどれほど巨大であるかを示している。 右上の画像は、すべての入手可能な証拠を使用して、エアーブラシをかけられた右下の画像から再現されたもの。(with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

月や太陽系の他の天体での「鉱業活動」の証拠は非常に多い。残念なことに、世界の高性能天文台は、月を注意深く観測したり、アポロのミッションがどこに上陸したかを写真撮影できない。 職業的天文学者は法律で月を撮影することが禁じられている。 なぜなのか。月では数十年前に多数のET基地を抱えていることが発見されている。 (with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

 

このクレーター・コペルニクスの原画像は、NASAがアポロ着陸のために用意したものである。1966年から1967年にかけ、5つの月軌道宇宙船が打ち上げられ、この画像を含む月の詳細な画像が収集された。この写真は、最近発掘されたかのように、表面がより明るく見えるため、いくつかのタイプの採掘作業を示すようである。 この画像を拡大すると見られる円筒形や完璧な90度の角は、何らかのタイプの建物や人工的な建造物を示唆している。 (with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

 

 

小惑星帯

小惑星帯は、かつては火星と木星の間に存在していた惑星の大小の破片で構成されている。数十億年前に破壊される前には、ひとつの惑星が存在しおり、小惑星や小規模惑星と呼ばれる多数の不規則な形状の天体が軌道を占めている。小惑星帯は、宇宙船が銀河の中心に向かって飛行する際、恰好な低引力ジャンプ点として利用される。また 小惑星帯には、宇宙船の離陸や着陸のためのプラットフォームとして使われる人工衛星が存在しているらしい。 それは、天の川銀河と隣接する他の銀河との間の「銀河間のジャンプ」として使用されている。この天の川銀河の端には、他の有用な惑星はなく、それは、到着する宇宙船や他の船のための銀河の入り口として役立っている。

火星の外側の小惑星帯は非常に小さいが、その宇宙の部分は、グレイETにとって重要な場所である。太陽系内の軌道に乗ろうとする物体にとって、それは低引力宇宙ステーションとしての使用に非常に価値がある。星間旅行者は主に、地球の反対側の月面や小惑星帯そして火星と金星からなるこの太陽系の低引力衛星に関心をもっている。 石膏から合成されたドーム構造や電磁気力スクリーンによって覆われた地下基地は、グレイの居住地として作られている。

 

金星

金星と地球は、その大きさ、質量、密度、組成、重力が似ているので、しばしば双子と呼ばれる。金星は、主に硫酸の雲を含む二酸化炭素からなる濃密な大気を持っており、科学者はその大気中に痕跡程度の水を検出している。大気は他のどの惑星よりも重く、地球の90倍以上の気圧となっている。金星はこうした地獄のような条件があるだけでなく、金星の古代の名前は「ルシファー」だった。この名前は恐ろしいといった意味を持たなかったが、ルシファーは「明星」を意味した。というのは、明るく反射する雲と地球や太陽との近さのために、金星は地球から見ると夜空の他のどの惑星や星よりも明るく見えたからである。

太陽からの二番目の惑星金星の大気は、地球のそれよりもはるかに高密度で熱い。金星の大気は、硫酸でできた厚く永続的な雲があり、その地面の光学的観察を非常に困難にしている。 金星は地球とほぼ同じ大きさであるが、二酸化炭素が大半である厚い大気を持っている。 金星は、地球の92倍の大気圧、水がなく火山性の表面、そして740°Kの表面温度があり、そこに地球外生命の可能性を探求する深刻な標的に取り上げられたことはないが、ただその地球外生命といっても、地球という第三次元の現実に適しているような生命という限りである。

金星の大気は激しく回転して流れ「スーパーローテーション」の状態にあり、わずか〔地球の〕4日間で大気全体が惑星を一周する。これは、その自転周期の243日間よりもはるかに速く、スーパーローテーションと呼ばれる。しかしながら、この大気状態は、太陽風によっておこった磁気圏尾で連続的に吹き飛ばされる水の損失を防止することができない。スーパーローテーションをおこす風は毎秒100メートルの速さである。電離圏と薄い自分の磁気圏だけが、外界から金星の大気を分離し、それを太陽風から遮蔽する役割を果たしている。太陽風は、通常、非常に深くまでは浸透しない。極冠渦と呼ばれる金星の非サイクロン構造は、極の近くに位置し、その中で空気は下方に移動する。各渦は双眼であり、特徴的なS字型の雲のパターンを示す。金星は他の惑星とは逆に自転をしており、それが太陽系に独立して入ってきたもぐり込み惑星であることを示唆している。

その表面上での過酷な条件にもかかわらず、金星表面から約50〜65キロメートル上空では、その大気圧と気温は地球とほぼ同じである。これは太陽系の中で、その上層大気を火星の大気よりも最も地球のような状態としている。金星は、圧力や温度、そしてその呼吸可能な空気が金星大気の中より軽いガスである――地球上ではヘリウムが大気より軽いガスであるのと同じように――、という事実の類似性のために、地球のように見なされる。こうした金星表面の特徴についての情報は、地上からのレーダー画像とベネラ15号16号とマゼランの宇宙探査によって得られたものである。金星の主な大気成分は二酸化炭素と窒素で、全体の96.5%と3.5%を占めている。 他の化合物は微量でしか存在していない。

金星は非常に高密度で、高温の硫酸による重い雲がある。それはほとんどの地球の生き物にとって致命的だが、地球上には、金星のそうした大気環境に耐えることができる生命体が存在している。グレイや他の進化した〔ET〕人種は、金星を、他の宇宙軍に対する防御的な場として使用していると言われている。また、ジョージ・アダムスキーが繰り返し接触した北欧人に似た友好的ETたちは、自分たちも金星に住んでいたと述べたという。彼の金星からの訪問者は〔金星の〕地下都市に住んでおり、その表面上の過酷な状況にはさらされていないと述べた。 他方、ジョン・リアは、金星には高度な文明が存在すると考えている。

ロシアの科学アカデミーの宇宙研究所に拠点を置く天文学者、レオニード・クサンフォマリチは、高知能ET生命の存在を支持し、1982年にロシアの着陸探査機によって撮影されたその重い酸性雲におおわれた金星の写真を分析した。彼は2012年1月、ロシア所有のその写真には、「円盤」、「黒い羽根」、「サソリ」に似た物体が写っていると発表した。彼はまた、撮影されたさまざまな写真には、物体が「出現、変動、消滅」する様々な場所があると注目している。

 

赤い惑星

火星は、その赤い惑星上の運河や都市といった話をもって、古代より人類を魅了してきた。 19世紀には、イタリアの天文学者ジョヴァニ・シアパレッリにより、小さな緑の男性と火星社会という構想に口火がきられた。 彼は火星の表面に見えるに運河に注目した。 また、アメリカのパーシバル・ローウェルは、1885年から1898年にかけて、火星表面と彼がその存在を信じる知的文明の観察を詳述した3冊の本を出版した。

火星の大気は比較的薄く、地球上の101.3kPaに比べ、地上の大気圧は、オリンパス山の頂上で約0.03kPaからヘラス・プラニティアの深い所で1.155kPa以上へと変化し、平均表面上の気圧は0.6kPa である。火星の大気は95%の二酸化炭素、3%の窒素、1.6%のアルゴンで構成され、微量の酸素、水、メタンが含まれている。奇妙なことに、メタンは火星の夏側の半球でより頻繁に放出される。 大気は埃を多量に含み、嵐の最中では火星の空には色がついている。 しかし、静かであれば、火星の大気は、表面から見たときには地球の空によく似て、はっきりと青く見える。

 

地球に似る火星

宇宙物理学の仮説と惑星外からの落下物についての報告によると、火星の生命は地球上と同じような方法で発生し、その地球の生命の種は落下した隕石によってもたされた可能性が高い。火星や太陽系のその他の天体については、あまり説明されていない。しかし、その長い歴史の中で、火星は二度の大破局を経験した。ひとつは氷で、それから生命が再現し、他は火で、それから生命は生まれなかった。説明できない火星の発見のひとつは、大気中のキセノン同位体と、表面上の豊富なウラニウムとトリウムの存在である。専門家は、これらの元素は自然の核分裂反応の生成物であると推測している。これらの酸化物を含む鉱物は水に溶け、降雨によって落下し、熱中性子反応を引き起こして火星の生命の絶滅をもたらした。メア・アシダリウムの北西の地から放射状に見える瓦礫の模様がある。そのひとつの仮説は、その現象が、おそらく、球体の冷却に関連する地下水分布の変化によって引き起こされ、直径70キロメートルの小惑星の衝突に等しいエネルギー放出を生じさせたと考えられている。

主流天文学者たちの指摘する一定の証拠によると、火星はむかし地球のようなものだったが、何か転変地変がおこり、かなりの昔に、生命を一掃してしまったと考えられている。火星の雲はまだ大気が残っていることを示している。マリナー 9号から送られた画像から、火星には、NASAによって「火星インカ都市」と秘密に名付けられた文明や、森林、流れの跡、貯水池、湖、氷冠の証拠がある。干上がった海、灌漑された農地、化石の存在、頭蓋骨、そしてもっと近代的な構造がある。さらに、チューブを使った輸送システムがあるらしく、その惑星の上空や地下巡っている。何年もの間、NASAは火星の赤い空と赤茶けた風景の写真を発表してきている。独立した研究者と欧州宇宙機関(ESA)が行った火星探査が、地球の空と実際には非常によく似ていることを明らかにし、火星の風景はアメリカ南西部の淡い赤い色の地形に似ているとしている。

 

自家宇宙飛行士、火星の宇宙基地を発見

2011年6月7日、MailOnlineは、ある自家宇宙飛行士がGoogle Marsを使って火星に「宇宙ステーション」を発見したと報じた。しかし、1週間後、投稿された映像は削除された。 その映像はその後再掲載された。そのデービッド・マーチンズは、火星に知的生命の証拠を発見したと主張し、自らそれを「BioStation Alpha」と名付けた長い円筒形の基地の写った映像を掲載した。彼は望遠鏡でそれを発見したのではなく、 代わりに彼はGoogle Marsの火星の表面画像を利用して同惑星の表面を走査している間に、偶然にその画像を見つけたと述べた。その「構造物」を赤色と青色の縞模様をもった居住地であるとし、慣れていない目で見るると、まわりの一様の赤い大地の上の白い柱のように見えるという。彼はさらに、49’19.73 “N 29 33’06.53” Wとのその座標を挙げており、他の人も自分自身でその異常物を見ることができる。

マーチンズのBioStation AlphaのYouTubeの画像は、2011年5月に最初に投稿されて以来、100万回以上も見られた。彼の計算によれば、「これは長さが700フィート、幅が150フィートを超える極めて大きいものだ。 それは円筒のように見えるか、円筒で構成されているように見える」と彼は言う。「それは発電所でも、生命体の住居でも、光輝くガレージでも、なんであってもいい。ただそれが武器でないことを望む。誰であろうと、それを設置した者は確かな目的があったのだと思う。私はその目的が何であるか想像できない。誰がなぜ火星に住みたいと思うのか想像もできない。それは疲れた宇宙旅行者のための中間駅かもしれない。それはまた、NASAに属する場合もあるだろうが、 彼らがそれを認めるかどうかはわからない。私には、そうしたすべての材料がそこに運ばれてゆくのを誰にも見られることなく、そのようなプロジェクト実行できたかどうかは不明だ。私はNASAがこれと何か関係しているのかどうかは疑わしいと思う」と彼は結論づけている。

 

火星基地

ひと時は有名となった「火星の顔」〔The Face〕は、目や歯があるように見え、1976年、バイキング1号機によって発見された。だがそれはすぐに正体があばかれ、火星のシドニア地区〔Cydonia Region〕の小さな丘の上に影を落とした地理的な異形物とされた。その無生物の岩は彫刻された顔のように見える。その大きな「顔」は、一辺が3.6kmの領域をカバーしている。その写真は、ある者たちの異星人文明の証拠として伝えられたが、NASAの科学者たちによって光の単なるトリックであると判定された。シドニアは、激しい火山性地帯とその南の平野と比較的平滑な北部との間の変化する地帯で、同惑星の北半球に位置している。一部の惑星学者は、かつて北部の平原は海底であった可能性があり、シドニアは沿岸域であった可能性があると考えている。その悪名はせた顔に隣接するシドニア地区には、いくつかのピラミッド(エジプトのチェオプス・ピラミッドの4倍の大きさ)、都市構造物、農業用地がある。

 (with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

火星のシドニア地域のこの有名なNASA画像(#F035a72)は、1976年7月25日にバイキング1号軌道機によって撮影された。シドニアにはさまざまな形と大きさの奇妙な地形が存在している。 例えば、ピラミッド山、衝突クレーター、平らな岩、可能な島、可能な海岸線と砂浜の残骸がある。 いくつかのピラミッド地形を除いて、特に名だたる「顔」と全く同じほどに、何が他のものかのように見えるものはない。(with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

異星人との接触者によると、ドラコは火星に大きな地下基地を持ち、太陽系内の主要コントロールセンターとして使用されているという。火星の基地は100万年以上もそこに存在し、30万年以上も活動している。その基地は100平方キロメートル以上の広さがあり、火星上でテンペ・テラと呼ばれる地域の地下に位置している。 おそらく、火星は現在、600万の人口を保有している。 その知的文明は火星の表面下にあり、この文明はCIAを含む米国政府機関との継続的な秘密連絡プログラムに関っている。

火星上の活動中の基地には、地球人と人の姿のETが隣り合って働いている。 少なくとも43の異なるタイプの人の姿の存在が協働しており、それぞれが異なる世界で進化している。それらの大部分は地球人と非常によく似ているが、その背丈は1メートルから4メートルの範囲にわたっている。 1つの基地で働く27万人の「人員」のうち、わずか1万人が地球人から生まれたか、またはその人の子孫である。この基地は古代の海底である火星の広大なユートピア・プランティアの下に位置している。 地球からの輸送は二つの方法によっており、ひとつは、人と小物のための出入り口たる「スターゲイト」と、他は大型貨物品目用の宇宙船である。小物と人員を相互に輸送する米国の秘密宇宙艦隊は、「ソーラー・ウォーデン」との暗号名をもっている。

地球からの旅行者は、地球上のエレベーターに似た部屋に入る「出入り口〔ポータル〕技術」を介して火星に到着し、そこから出て火星の基地に足を踏み入れる。そうしたテレポート輸送は、カリフォルニア州エル・セグンドにあるCIAとHughes Aircraftの装置、「ジャンプ室」を経て行われる。火星へのジャンプ室を使用したと報じられている最も有名な人物は、1980年代初め、当時ロサンゼルスのオクシデンタル・カレッジの学生であったバラク・オバマ大統領である。それ以来数千人が往復しており、今日では1980年代に火星の訓練プログラムに参加していた人たちが、「バリー・ソエトロ」でレッド・プラネットの体験を語っている。読者は、これらの問題やその結論に関し、インターネットサイトにアクセスすることができる。

宇宙飛行士バズ・アルドリンの説明によると、火星を回る月フォボスは「珍しい一枚岩」である。彼は一度インタビューでそれを語った。「私たちは、大胆に人類が以前に行かなかったところに行くべきだ。彗星で飛行し、小惑星を訪問し、そして火星の月を訪問するのだ。そこには一枚岩がある。7時間に1回、火星の周りを回るこのポテト形の天体は、非常に珍しい構造をもっている。人々がそれについて知ると、「誰がそこに置いたの」と聞くだろう。宇宙はそれをそこに置いた。もしお望みなら、神がそこに置いてくれたと言ってもいい」。天体物理学者のイオシフ・サムウロビッチ・シャフロフスキー博士は、火星の衛星フォボスの軌道運動を計算した。「この高度では非常に薄い火星の大気を考慮すると、フォボスは非常に小さい平均密度・・・でなければならない。それは、地球の雲よりも小さくほどに・・・」と彼は言った。しかし、もしそうではないなら、矛盾なく説明する唯一の方法は、「空缶に似た中空の物体・・・人工的な起源のもの(何らかの宇宙船)を持たなければならないということである」。天文学者、チャーマン・ストルーブ博士は、その形状と行動が自然の原因によるものではないことに同意し、彼はまた、フォボスがそのスピードを時々変えていくのを観察している。

月面歩行した二人目の男バズ・アルドリンは、火星の月フォボスが一枚岩と検知されたことについて述べた。彼はインタビューで、「火星の月を訪れるべきだ。そこには一枚岩のものがある。7時間に1回火星の周りを回るこの小さなポテトの形をしたこの物体は非常に珍しい構造をしている」。(with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

(with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

2009年に火星の表面上で発見された別の「一枚岩」がある。 この岩は、NASAの宇宙探査機である火星偵察探査機に搭載された特別な高分解能カメラ(HiRISE)を使い、265キロメートル上空から撮影された。しかしなぜNASAはこれを世界に向けて発表しないのだろうか。その主な理由には、1959年、Brookings Instituteの報告書が、NASAがETの存在、ことに先進的生命の証拠を「厳格に抑制」し、社会の崩壊を防ぐよう勧告したことがある。(with permission, (c) Brad Olsen, 2016)

地球痴呆化機構

金星、火星、地球の月の構造物の中には、人間の魂が死の際に身体から離れた時のように、さまよう魂を検出し捕獲するように設計された電子監視および強制ふるい分け機構があることが知られている。直観に優れた魂は捕獲され、地球の人々を永遠の痴呆状態に保つよう、強い電子力を用いて洗脳する。そして、さらなる集団制御が、思考制御機構を介して長距離電子装置の使用によって働いている。これらの機構はいまだに稼働しており、攻撃や破壊が非常に困難である。いわゆる「黒騎士」衛星〔訳注〕は、地球の軌道上にある古代ETの遺物であり、地球人の痴呆症をおこす役割を果たしている可能性がある。

〔訳注〕極軌道近くで地球を周回しているとされる存在の疑わしい物体。一説ではおよそ13,000年前から存在し、地球外生命に由来すると考えられている(ウィキペディアより)。

理論的には、地球に対するそうした痴呆化機構が完全に破壊されえた場合、人間は過去の人生の再現を含め、長期間にわたる記憶を回復する可能性がある。何人かのエソテリック学者は、私たちの魂は、天の川銀河、他の銀河、そしてシリウス、アルデバラン、プレアデス、オリオン、ドラコニス、その他多くの惑星システムから地球上に預けられたものであると推測している。地球上には、無名の人種、文明、文化的背景、惑星環境からの魂がある。様々な人々の各々のぞれは、かつては自身の言語、信念システム、道徳的価値観、宗教的信念、訓練、未知の未だ語られぬ歴史を持っていた。これらのより新しい存在は、40万年以上昔、アトランティスとレムリアの文明を確立するために、別の星系から来た地球の以前の住人と混ざり合った。これらの文明は、現在の「捕らわれの身」の人々が到着する数千年前、惑星の極座標シフトによって引き起こされた津波の下で消滅した。そうした星系の初期の人間は、オーストラリアと極東で始まり、地球の元の種族の源であった。はるか昔にこれらの機構を設置した勢力は、地球の人間を、自分たちが捕獲され、地球に植民され、洗脳された者であると覚らせたいとは望んでいない。

しかし、NASAや他の宇宙機関が、ただちに他の惑星の構造物の存在を告白することは期待されない。月や火星の遺物の専門家であるリチャード・ホーグランドは、NASAはカタログやファイルで公開する前に、そうした写真素材を引き続き隠し続けていると述べている。 NASAはあるいは、デジタル修正版を製作するとか、コピーの過程で画像を部分的にぼかすことができる。そうした研究者のひとりホーグランドは、ETは月や他の惑星をターミナルステーションとして使用し、地球向け活動の最終基地にしていると考えている。 これらの示唆は、何千年もの間、地球上の独自の文化によってつくられてきた伝説と神話によって確認されている。

 

太陽および他の惑星

太陽は、惑星でもなくその構造も知られていないものの、多くの魅力的な特徴を持っている。太陽は、私たちが信じるよう導かれてきたような、一連の核熱爆発ではない。太陽はひとつの電磁球界で、特定の惑星群、すなわち、実質的に太陽系内のすべての惑星の電磁場と反応しあっている。 21世紀初め、太陽に何か異常が発生した。通常、地球自体のように太陽は北と南の磁極を持っている。しかし、2000年3月から約1カ月間、南磁極が消えてそれに北極が入れ替わった。つまり、太陽には2つの北極ができた。NASAは、太陽を含む、太陽系内のすべての惑星で気候変動が起こっていることを証明する豊富な情報を公開している。そうした情報は、単にすべてが一度にまとめられることはなく、個々の事例は必ず「季節的」なものだとされる。ところがデータそのものをよく調べると、太陽とすべての惑星がより明るく、より熱く、より磁気的になっていることが明瞭に了解される。

私たちの太陽はポータルでもスターゲートでもあり、次元間の宇宙旅行にも使用できる。物理学者ナシム・ハラメインの説によれば、NASAがもつ巨大なソーラーUFOのステレオデータは、地球外文明が小型の惑星ほどの大型の宇宙船を使用して私たちの太陽系にアクセスしてくる際、太陽内のスターゲイトを介していることを証明している。彼によると、すべての太陽には「ブラックホールの特異点」が含まれている。太陽と同じ分類の他のすべての恒星は、「自然な」スターゲートである。 宇宙船がポータルやスターゲートとして太陽に入るためには、各船はいくつかのことをしなければならない。 船の振動数を太陽の振動数に合わせて変えなければならないため、4次元の振動数と速度を調整する必要がある。また、船の航法システムに太陽固有の名称コードを入力する必要がある。主要な各天体には1つの名称コードがあり、この識別コードはGPS測位装置によく似ている。

私たちの太陽系の他の特徴も魅力的である。まず、すべての惑星は球体ではなく、球界である。地球だけでなく、月、土星、木星、そして太陽自身も球界である。私たちの太陽系の最大の惑星や太陽のようなガス状の惑星体は磁場を生成することができないが、それらはすべて一つを持っている。すべての太陽系の外側の惑星は、太陽から受け取るよりも多くのエネルギー放出している、特に木星を中心に回転する最も地質的に活動的な衛星ローはそうである。太陽から離れた最も遠い惑星の一つである海王星は、地球の大気と非常に似た大気を持っている。

形成中の回転遊星体は、その中心では重力はゼロである。したがって、重力と遠心力が回転体の内部で釣り合っている所では、質量が蓄積し、その形状は、宇宙の物質のハリケーンのように、頂部と底部に開口部をもつ球体であり、固体の中心をもつ固体ではない。その中心ではゼロ重力となっている。

地球のように、惑星が宇宙の塵が凝縮して形成されると、角運動量は依然として増加し続けるかというと、そうではない。 その代わりに、〔たとえば〕地球の回転は安定しており、減速したりスピードアップしたりすることはない。大質量の惑星は質量の小さい惑星よりもゆっくりと回転するはずだが、そうではない。 最大の惑星木星は速く回転する――水星より速い10時間に1回――が、木星のサイズにすれば小さな部分であり、その軸周りに1回転するためには地球の58日を必要とする。 水星は月と非常によく似ていて、そのクレーターには一見異様な物体が見られる。

 

天の川銀河

私たちの属す天の川銀河の渦状腕には、星間物質、散光星雲、若い恒星、この星間物質から生じたが散開星団が含まれている。私たちの銀河の膨れた部分の成分は古い星から成り、球状星団を含んでいます。私たちの銀河にはおそらく約200個の球状星団があり、そのうち約150個が知られている。これらの球状星団は銀河中心の方向に多く集中している。したがって、私たちの太陽系は、天の川銀河の外側に位置し、赤道対称面の「上方」――円盤状の銀河の北極方向に――約20光年、天の川銀河中心から約28,000光年に位置している。

2012年1月、テキサス州オースティンで開催されたNature and American Astronomical Societyの会議で発表された3つの研究は、平均して星系あたり約1.6の惑星を見込んでいた。 それだけで、天の川銀河系には1千600億の惑星があることになる。この推定値は、生命圏の軌道上、つまり、生命には暑すぎず冷たすぎないとみなされる「ゴルディックスゾーン」にある惑星が約16億あることを表す。 私たちの太陽系の生命圏の軌道には地球と火星だけがある。別の推定によれば、天の川銀河には2,000億個の恒星がある。観測可能な宇宙には約5000億個の銀河があり、居住可能な惑星の推定数はさらに上がることになる。

天の川銀河系内に他の知的生命は存在しないとする議論(孤独宇宙説)は、その都合のよさがゆえ、地球平坦説の主張と同じように重要であるようだ。だが、もしそこに他の生命が存在するとするならば、知的で高度な生命形態もありうるとするのが合理的である。そしてこれは根本的な疑問に直結する。すなわち、そうした知的生命は、宇宙のどこかから地球を訪れているのだろうか。それを確認するには、地球上や太陽系内でのそのような訪問の証拠を探す必要がある。今日まで私たちがそうしてきたように、その結果は、現在と過去の両方で、証拠が地球上と惑星外のいたるところにあることがわかる。そして私たちに欠如しているのは、この問題について話し合う意思のある米国政府である。このように、私たちが種として成熟し、政府の指導者が頭を切り変えて、これらの訪問や関係する諸議題についてすでに知っていることを明らかにすることが求められる。さもなければ、私たちはそうした指導者を置き換えなければならないこととなる。

 

【本章完了】

 

参考文献

The standard atmosphere (symbol: atm) is a unit of pressure and is defined as being equal to 101.325 kPa. Bar and kPa are metric measurements of atmospheric pressure. The pascal (Pa) or kilopascal (kPa) as a unit of pressure measurement is widely used throughout the world and largely replaces the pounds per square inch (psi) unit.

Atmospheric air pressure is often given in millibars where “standard” sea level pressure (1 atm) is defined as 1013.25 mbar (hPa), equal to 1.01325 bar. Despite millibars not being an SI unit, meteorologists and weather reporters worldwide have long measured air pressure in millibars.

Amateur Astronomer discovers Mars Structure: www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1394322/Armchair-astronomer-discoversstructure-Mars-Google-earth.html#ixzz1PgJzb8jd

An information site on the UFO phenomenon by and for professional scientists: www.ufoskeptic.org/ Here is the NSA-released document of scientists discussing the meaning of the Sputnik messages:  www.nsa.gov/public_info/_files/ufo/key_to_et_messages.pdf

Alien Presence on the Moon? – Moon Anomalies: www.ufocasebook.com/moon.html

“UFO Quotes by Astronauts and Cosmonauts,” ufos.my100megs.com/ufoquotes.htm

Reports of secret space projects:

www.thetruthbehindthescenes.org/2011/02/15/dod-confirms-reality-of-secret-solar-warden-space-project-to-ufo-researcher/

Artificial Mars moons: www.ufodigest.com/article/scientist-claims-mars-moon-phobos-hollow

 

== 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

2nd edition


Future Esoteric: The Unseen Realms (Second Edition) by Brad Olsen

http://cccpublishing.com/FutureEsoteric  www.bradolsen.com

with permission, (c) Brad Olsen, 2016


Bookmark the permalink.