非-健康産業(その2)

Unhealth01

このグラフは、1900年から1987年のはしかによる死亡の減少を示している。死亡率は、10万人あたり14.3人の高率から1963年には10万人あたり0.2人に減少している。1963年以前の減少は、生活水準の低レベルからの改善、より良い栄養、および衛生的な政策による。1963年は、はしかワクチンが米国で導入された年である。それはその後、深刻な問題を発生させて撤回されたが、1967年に新たに導入された。そのはしかワクチンは、1968年に英国で使用され始めた。(with permission, (c) Brad Olsen, 2018)

Bookmark the permalink.

ここは読者のみなさんと発行人の間、
あるいは読者同士間のコミュニケーション欄です。
ご自由にご意見、ご感想を投稿してください。