咽喉元過ぎて熱さ忘れる

  私の健康エコロジー実践法 =長期戦編=その18

Day 170+278(6月9日)

前回の記事のように、前立腺ガン患者のうち、5人に1人が7年以内に転位ガンを発病し、その場合の生存期間はわずか6カ月という調査結果が発表されている。

なかなか厳しい調査結果ですが、この調査は、オーストラリアNSW州での調査であり、しかも、その調査は、1993年から2002年までの10年間に前立腺ガンを診断された患者3万人余りの結果です。つまり、ほぼ20年ほど昔の同州の前立腺ガン患者にとっての現実がそうであったというわけで、現在の患者においては、その環境は大いに違っているはずです。

そういう次第で、この調査結果には、いろいそな解釈が可能なわけですが、そうだとしても、身の引き締まるものではあります。

そんな気分の中、ようやく引越し騒ぎから立直り、従来の生活リズムを取り戻そうと、今日はほぼ1ヶ月ぶりに1500メートルを泳いできました。ただし、タイムはほぼ39分と、我が人生のワースト記録です。

しかし、そうではあるのですが、1500を泳ぎきれたことと、そういうゆっくりペース、つまり、「はじり」の水泳版がようやく見出せたことに、どこか満足感のあるものでした。

というのは、プールでは、他の泳者と並びあって泳ぐため、つい、張合い意識が出てしまって自分のペースを乱しがちでした。

かくしてようやく、水泳も、「質より量」のレベルに入ったようです。

 

Day 170+290(6月21日)

前回の血液検査が3月はじめでしたから、3ケ月ごとにそれを続けるとの予定でいえば、すでに済ませていなければなりません。

忘れていたわけではないのですが、引越し騒ぎにかまけて、後回しとなっていました。

それに、咽喉元過ぎて熱さ忘れるで、ここのところ、食習慣が緩み過ぎている面があり、気になっているところでもあります。

今週にでも、検査を入れてみるつもりです。

 

 

Bookmark the permalink.