準備万端:体調良好・心調微妙

  私の健康エコロジー実践法 =長期戦編=第2期 その5

Day 170+739(9月12日)

一日一食を取り入れて3週間。今日、12キロのはじりの後の最低体重が74.6kgと75キロを切りました。74キロ台になったのは、昨年10月以来のほぼ一年ぶりです。

 

Day 170+741(9月14日)

ようやく、前歯3本の本歯が入りました。4月の初めにインプラントの金属を埋め込み、歯茎の固まるのをまっていたものです。

両端2本をインプラントにし、それを“橋脚”にした3本ブリッジです。これで、一生大丈夫のはずです。出費は7600ドル(約57万円)。病気になる前の予防費です。安くはないですが、健康維持のための必要経費です。

 

Day 170+746(9月19日)

今日は10キロのはじり。タイムもまあまあで、はじり後の最低体重も74.8キログラムと、75キロ以下を維持していました。一日一食主義が利いているようです。ただ、間食がつい増えがち。もちろん、体調はすこぶる良好で、不安はありません。

明後日21日は、カナダ、アメリカへ向け、出発。

これで、旅行および今後への準備がととのいました。

旅先でも、このサイトは継続して更新してゆく予定です。

 

Day 170+748(9月21日)

あと数時間もすれば、混雑する空港にいるはずです。その数時間前のいま、ある、微妙な時間を過ごしています。

それは、どこか34年前の、日本を後にオーストラリアへ飛び出した、あの時の緊張に似ていながら、大きくも違っている、微妙な対比です。

緊張という面では、未知の世界に出てゆく以上、好奇心と裏腹に、そこにはいつも不安や怖さが伴います。

違っているという面では、むろん、年齢です。やはり、どこか人に頼るところが強くなっています。それだけ、角もとれています。

もちろん、この三十余年に、多くの海外旅行をしてきました。そういう慣れを打ち消すかのような、顕著な出力衰退感のもたらす、自頼心の違いです。

このどこか「足が地からふわっと浮いてゆくような感じ」は、それこそ、「越境」に伴う、“反重力”作用の前ぶれなのでしょうか。

 

 

 

Bookmark the permalink.