哲学的な認知症

  私の健康エコロジー実践法 =長期戦編=第2期 その26

Day 170+1,047(7月24日〈月〉

私の日常に、シエスタ(昼寝)は欠かせないのだが、そのためか、どうも夜更かしや、そのくせの早起きをしたりして、どうも睡眠不足や断片的になり勝ち。だがそれも、年のせいかとしてきた。

一方、睡眠不足は認知症の要因との説もある。

よく眠れた翌日は、確かに気分もすっきりして仕事もはかどるのだが、夜中や早朝によく目覚め、邪魔されぬ思索をたどれるのも捨てがたい。

眠りという《命の別の目覚め》との付き合い方、微妙。

 

Day 170+1,049(7月26日〈水〉

思うのだが、いわゆる「認知症」を、もっぱら脳の臓器的機能障害とするアプローチに、一面の疑問を抱く。

先にも、老人ホームで余生をすごす叔父との驚くようなフレッシュな面会をしたが、上記のような自分の日常体験も含め、「認知症」とか「ボケ」の、非臓器的側面も無視できないのではないか。

つまり、「認知症」や「ボケ」とは、人生の最終期にやってくる、生きる観点の切り替えではないのか。当然ながらの。(その時点では、例えばお金や地位といった現世的間尺なぞ、もう終わっちまった話にちがいない。)

もちろん、脳血管の目詰まりなどといった臓器的障害を原因とする物体的「認知症」もあるだろう(医師や薬剤業界は、これがほしいのだろうが)。

しかし、脳の働きはそれなりにしっかりしている、言ってみれば、哲学的な「認知症」や「ボケ」もあるのではないか。まさに、この世とあの世の両界を股をかけ始めている存在として。

 

Day 170+1,051(7月28日〈金〉

この数カ月、左肩の関節が傷んで動きが不自由。

数年前には、右肩に同様な痛みがあり、2、3年、気掛かりとなったが、いつの間にやら消えていた。俗に言う、40肩、50肩、60肩そして70肩・・・

 

Day 170+1,053(7月30日〈日〉

いきなり初夏のような中をはじり。8キロなのに、標準プラス4分20秒という豪華タイム。

 

Day 170+1,055(8月1日〈火〉

冬の晴天、風もなく、はじり日和。8キロを、標準マイナス53秒。一昨日と5分以上の差。

8月となった。このところ、水泳から離れ、エクササイズ不足になっているのではないかと気になっている。そこで、今年1-7月の記録の集計をしてみた。

 

エクササイズ集計

(各月一日当たり平均距離とタイム)

 

結論から言うと、はじりのタイムが相当悪くなっている気がしていたが、距離が伸びているにも拘わらず、少々ながら改善している。うれしい驚きだ。案ずることはない。水泳は感染症回避のため、今年は2月以降、ほとんど行っていない。

総評として、たしかに、はじりの量はやや増えているが、それが水泳を止めた分を補っているほどではない(どちらも行わない日には、なるべく歩きや自転車を入れてはいるが)。その減少分が体重増に跳ね返っているのだろう。エクササイズ・ログ記録で確かめてみると、それが顕著となったのは4月末あたりからだ。

上表最下段の総平均で言えば、昨年は一日平均、はじり1.39km、水泳223mのカロリーを燃焼させていた。それが今年の7カ月間では、それぞれ1.50kmと水泳65mとなっている。はじりの110mの増加が水泳の158mの減少を補っているとは言い難い。

はじりは、質より量と、各エクササイズ毎の距離を伸ばすことに主眼を置いてきた。そのため、一回の運動負荷が大きく、その毎日の連続は無理なところがある。現行は、多くても、二日に一度のペースである。

対策としては二つが考えられる。(1)食事の減量。(2)はじりの増量。

ただ、(2)については、連日はじりをするとなると、今の距離では長過ぎで、無理な実行は故障を招く。現実的には、各はじりを長くても6km位までにする必要があるだろう。むろん、(1)と(2)のミックスが、より効果的だろう。

 

Day 170+1,060(8月6日〈日〉

歯について記録しておくと、昨年4月5日に入れた前歯2本のインプラントは、これまでのところ何の問題もなく、順調に使用できていています。その8,700ドル(74万円)の高い出費を勘定に入れても、何の不自由もなく日々の食生活を楽しんでいられる健康上の恩恵を思えば、それも賢明な医療選択だったと考えています。

ただ、その使い心地について強いてコメントすれば、その二本の前歯が上顎の骨に直接固定されているため、ショックを与えた時、頭中にそれが響きます。また常にこの二本だけが剛直過ぎるような、他の歯とのバランスの違いを感じます。

あと、インプラント以外の、毎日の磨きですが、私はずっと以前より、歯ブラシは別として、チューブ入り歯磨きなど、一切の商品を使わず、ただ塩を用いています。自然岩塩を粒状に砕いたものを、毎回、数粒口の中で噛み砕いて歯を磨いています。

チューブ製品の使用後に口内に残るの不自然な甘味やスースー感もなく、また、口内の実際の殺菌効果も塩の方がより強い感じがしています。

そして、この塩使用にもっとも感心させられたことがあります。数カ月前、クラウンをかぶせた奥歯に、歯の浮いたような痛みがあって治療したことがありました。その際、クラウンに穴をあけ、感染が見られるという神経ともども消毒したのですが、その痛みは完治しませんでした。歯医者は、それ以上手の打ちようがないと、様子を見ようということとなりました。それが、思うところあって、塩使用の歯磨きの際、患部の歯ぐき周辺のマッサージを内外両側から丹念に続けたところ、不思議、その痛みが消えて通常に戻りました。

そういう次第で、塩という身近で安価な“良製品”がありながら、良からぬ製品に踊らされている、よくある弊害の体験をしてきた一例を見る思いがしています。

 

 


 

          この1ヶ月間のエクササイズ・ログ

7月07日(金) はじり+歩き  1時間08分32秒      79.2kg

7月08日(土) 自転車 12㎞ 

7月09日(日) 来客

7月10日(月) はじり   12km  1時間37分56秒      78.2kg         

7月11日(火) なし

7月12日(水) なし

7月13日(木) 自・電車通勤 自転車走行     8km

7月14日(金) 同 自転車走行          8km

7月15日(土) 同 自転車走行          5km        

7月16日(日) 散歩 1時間半 

7月17日(月)  はじり   12km  1時間37分26秒      78.2kg

7日18日(火) 終日ミーティング

7月19日(水) ミーティング

7月20日(木) ミーティング

          電車通勤

7月21日(金) 自・電車通勤 自転車走行     8km

7月22日(土) 同 自転車走行          4km

7月23日(日) なし 

7月24日(月) ミーティング

          はじり   8km  1時間05分42秒      79.2kg

7月25日(火) はじり   8km  1時間05分16秒      78.8kg

7月26日(水) 歩き走りミックス

7月27日(木) 自・電車通勤 自転車走行     8km

7月28日(金) 同 自転車走行          8km

7月29日(土) 同 自転車走行          8km

7月30日(日) はじり   8km  1時間08分20秒      79.0kg

7月31日(月) 雨天のためなし

8月01日(火) はじり   8km  1時間03分17秒      79.4kg

8月02日(水) はじり   8km  1時間04分46秒      79.2kg

8月03日(木) 自・電車通勤 自転車走行     8km

8月04日(金) 同 自転車走行          8km

8月05日(土) 同 自転車走行          8km

8月06日(日) なし

 

 

 

 

Bookmark the permalink.