Day 98(2018年5月10日〈木〉)

いつもなら、今日木曜は出勤日なのですが、今週は日曜が母の日で多忙が予想されるため、今日の代わりの日曜出勤を引きうけました。そういうわけで、4日連続のエクササイズを実行したのですが、さすがに疲れが残っている感じで、今日は泳ぎを1000メートルでやめ、しかも、ゆっくり目にしました。 詳細記事

Day 80(2018年4月22日〈日〉)

今日は日曜なので、ふつうは「なし」の日なのですが、なにやら気分が高じてエクササイズしたくなりました。ただし、はじりはしないで、歩きにしました。4キロをフルスピードで歩くとどうなのかを試してみたのですが、結果は、36分38秒で、キロ当たり9分10秒ということです。なんだか、低調「はじり」と高調「歩き」との違いに、大差がない状態に入ってきているようです。 詳細記事

Day 74(2018年4月16日〈月〉)

今日、6キロをはじったのだが、なんと先週のタイムより、2分半も早い48分25秒だった。たった一週間なのに驚きだ。まあそれでも、キロ8分の「標準ペース」にようやくもどっただけなのだが、体重は78.0kgと大差はなく、この進歩は不思議だ。今日は、はじっていて、確かに、体のばねがもどったような感じがあって、足が動いてくれていた。ただ、呼吸はそうとうきつかった。

くも膜下出血での入院以来、がっくり落ちていた体力の回復が、ようやく始まったと見れるのか。数えて204日目。 詳細記事

Day 50(2018年3月23日〈金〉)

このDay 50とは、今年2月2日の1410&130から数えて50日目ということで、つまり、1460日前(2014年3月18日)、前立腺ガンを告知されました。そういうわけで、5日前の18日は、告知後4年目でかつ生存率100パーセントの記念日でした。また、クモ膜下出血発見日(2017年9月25日)から180日記念日(半年)でもあります。これもうれしいことに生存率100パーセントです。有り難いものです。 詳細記事

Day 34(2018年3月7日〈水〉)

エクササイズを順調に重ねている。ただ今日は、ちょっと意気込みすぎて、8キロの前半で調子を上げ過ぎ(それでもキロ8分の標準タイム+30秒ほど)、帰路は1キロほどを歩くはめとなった。それでもタイムは2日前より20秒ほど上がっていた。まだまだ、スタミナの回復までにはなっていないようだ。体重も今週になって78キロ台が続くようになり、効果が見え始めた感じ。 詳細記事

Day 25(2018年2月26日〈月〉)

雨模様ながら涼しい日。6キロのはじり。だいぶ時間を短縮したものの、まだ、標準プラス1分半。5キログラムを担いで同様のタイムなら、まずまずといったとこか。 詳細記事

Day 10(2018年2月11日〈日〉)

一カ月前に書いたように、「ボケ防止プロジェクト」も暦を一巡した節目を迎え、また、その末期にしでかしたクモ膜下出血の危機からもなんとか脱出でき、加えて、その回復具合をはかるニュージーランド・トレッキングも無事終了しました。こうして、なんとか取り戻した健康状態を得て、気持ちはどこか、新たな出発点に立ち帰ったかの感を深めています。

ほぼ4年前、いよいよ来たかの思いを強くした前立腺ガンの告知以来、健康回復の歩みを刻んできた僕の二つの罹患カウンターも、折しも2月2日、1410&130日と共に丸い数字となり、これもなにやら、区切り目を示唆している気配があります。

そこでこの2月2日をもって、二つのカウンターをゼロにリセットし、したがって、今日をその「Day 10と改めました。そして同時に、この欄のサブタイトルもリセットし、「そこそこ健康=積極活用編=」とすることにしました。 詳細記事