食品支配と脱出(その1)

Food03

この図は、20世紀初頭のフリッツ・カーンによるもので、各食物や飲物が口のどの部分で味あわれるがを示している。(with permission, (c) Brad Olsen, 2018)

Bookmark the permalink.

ここは読者のみなさんと発行人の間、
あるいは読者同士間のコミュニケーション欄です。
ご自由にご意見、ご感想を投稿してください。

お名前とEmailアドレスは必須項目です。