Author Archives:

リタイアメント・オーストラリア

下表のように、夏の間、千人台を割っていた本サイトへの一日あたり平均訪問者数(Visits)が、9月に入って大きく挽回をみせており、21日現在で1091人となっています。なおこのレベルが全月平均でも達成できれば、過去最高が今年6月の1023人でしたので、最高記録の更新ということとなります。 詳細記事

両生空間
No.259

“宇宙植民地”たる地球

〈連載「訳読‐2」解説〉 グローバル・フィクション(その78)

去る6月18日、トランプ大統領が国防省に対し米国宇宙軍の創設を指示した、との報道がありました。報道の限りでは、この「宇宙軍」とは、もはや武器開発の場が地球を囲む宇宙空間におよんでおり、そこでの制空権ならぬ、“制宙権”の確保を意図した構想であるかに伝えられています。つまり、戦争の相手はまだ地球人同士で、ただその場が、近宇宙に拡大されてきているとの想定です。

だがその一方、今回の「ユートピア前夜」の章――ことに「監獄惑星からの脱出」――に含められている、地球は地球外生命(ET)の植民地との議論は、すでに地球は、ETによって、それが分からぬほどにも巧みに占拠、支配されているとの設定に立つものです。つまり、SF映画「スターウォーズ」のごとき対異星人戦争もありかねぬ現実の世界です。しかしこうした議論は、おおかたの向きには、荒唐無稽過ぎる話として唾棄される分野であるでしょう。 詳細記事

両生空間
No.259

ユートピア前夜

〈訳読‐2b〉現代の「東西融合〈涅槃〉思想」(その44)

 == 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

「思考と言葉は、人間の創造をもたらす分野であり、現実を変えるための道具である。知的に活用されるのを待つその真の富の素晴らしさを得るため、私たちは、それを未活用の人たちに、研究・開発もしくはひたすら考えることを、生涯の友とするよう示す必要がある。人間は、生存への公民権を失う恐れなく、真に考えることに挑み、それに基づいて行動できねばならない。」――バクミンスター・フラー〔アメリカの思想家、デザイナー、発明家、1895-1983〕

詳細記事

両生空間
No.259

第四章

シズの至言

 

シズの至言。 あんたの名前「シズ」だが、戸籍謄本には「シツ」とある。濁点の無い昔の表記か、ともかく我々には「シズ」で通っていた。我々の父親ということになっていた男トシローを産んだ女、そのあんたの口癖。「戦争があの子(トシロー)をあんなにしてしもた」「あの子は戦争で、あないなってしもうた」。これがあんたの名言至言だ。 詳細記事

私共和国
No.196

 諦めるのはまだ早い、復活可能は多々ある

 越境体験=入り口編=その2

Day 19(2018年9月9日〈日〉)

安全をとって、はじりを避け、約6キロの丘を昇り降りする散歩。股関節は、痛みというより、こりからくるだるさのようなものがある。ともあれ、あと2週間の調整に専念。 詳細記事

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。