English Version】 

「私共和国」に掲載してきた《四分の三プロジェクト》の計画作業がようやく煮詰まって、その骨格が《時空トラベル》との呼び方で形をなしてきました。それを契機に、今回よりサブタイトルを「《時空トラベル》時代  =旅立ち編=」と改称し、その進捗具合をノートし始めています。その初回は「《時空トラベラー》という過客」とのタイトルです。

そういう次第で、いよいよここに始まる《時空トラベル》なのですが、何やらSF風な響きのあるそのトラベルとは一体どういう“旅”なのでしょう。まさか、タイムトラベルのことを言っているのではないでしょう。

ところがです、私は本気で、これが、まさにSFで言うタイムトラベルにも通じるその第一歩と考えています。つまり、タイムトラベルはこうして実現するかも知れないのです。 詳細記事

私共和国
No.283

《時空トラベラー》という過客

《時空トラベル》時代=旅立ち編=(その1)

3QsP Day 290=TST Day 1(2022年5月8日〈日〉)

《健康追求》の意義について、当たり前どころか、ようやく、その奥義が見え始めてきた。

世俗的にはむろん、健康の成果は「長寿」となるのだろうが、私の場合、その成果とは、《時間旅》ができるようになったということ。つまり、人生の旅を、地理空間的に行うばかりでなく、それを時空間的にも行うということ。

言ってみれば、私は《時空トラベラー》。健康でさえあれば、その「時空トラベル」が実行できるのだ。 詳細記事

日本語版】 

The Three-Quarter Project, which has been discussed in the section entitled My Republic on this website, has finally reached its conclusion, and the framework of the project has taken shape under the name of Space-Time Travel. With this opportunity, I have changed the subtitle of this issue to The Space-Time Travel Era; Point of Departure and have begun to note the progress of the project. 

So, here I am at last at the beginning of “Space-Time Travel,” but what kind of “journey” is this science-fiction sounding travel? I am sure you are not thinking of time travel. MORE

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。