両生空間
No.330

架橋としての情報

「感動」の新たな源泉

「四分の三プロジェクト」をめぐって

私は、もとが土木系の出身のためか、境界があって分断されているところがあると、そこに橋を架けたらといった発想をする習性があります。

写真は熊本県の宇土半島と天草を結ぶ天門橋。1960年代半ば、学生だった私は、当時世界最長のこの連続トラス橋の架橋工事を、三角ノ瀬戸を渡るフェリーから感動気味に見上げていた。それから50年後の2015年時のこの写真では、同橋に平行して二本目の橋の工事が始まっているのがうかがえる。この新橋は2018年に天城橋として竣工した。(画像;YouTube, Satokichi)

そういう発想に従って注目することが、「情報」という、いまや世界を動かす最先端の代物です。

そこでは、その「情報」は何といってもIT分野の用語として理解されています。そうなのですが、近年、新たに注目を集めてきている遺伝子やDNAなどの分野が、これもその語を冠して情報生物学、さらにはバイオインフォマティクスなどと呼ばれています。

どう見ても同種には見えないこの二種の分野について、それらが「情報」という語で架橋しうるとするならば、それはなにがゆえなのでしょうか。

そこで今回は、その「情報」について、生物学の分野から迫ってみます。

ことに目下、世界を震撼させているコロナウイルスについて、それが病原菌という微生物ではなく、情報体、つまり、そう人間に悪さをして動き回る「情報信号」であるということに関わって、いまや、それに無頓着でいると、とんでもない見落としをしそうでもあるからです。 詳細記事

両生空間
No.330

祭りのあと 総括と検証を

《多様多彩》――「花との交信」(No41)

【撮影およびコメント 山本 哲朗】

名前:曼珠沙華

撮影場所:小石川植物園

コメント:曼珠沙華あつけらかんと道の端 漱石

詳細記事

前回や前々回では、一見、“けなし見解”とも見られかねない私見を述べさせていただきました。それもこれも、アバター氏の最近の「四分の三プロジェクト」開始宣言に接し、いよいよ、氏が独自構築の世界に踏み出して行かれるのかと、その出立を、期待と感嘆をまじえて受け止めているがゆえのはなむけの積りです(異論をお持ちの方は、私に構わずご自論の投稿を)。

正直言ってこれまで、量子理論を取り上げるアバター氏のとみに科学専門的な着眼点が、なんとも私の理解のおよばぬ最大の難関でありました。しかもそれを、「牽強付会」と称して自己流のアレンジを施し、独特な味付けに工夫されています。

そうした難物が、先の「四分の三プロジェクト」計画について、『フィラース Philearth』における記事と絡めて説明されているのに接し、ある納得へのヒントを得た気がしています。

それを氏にならって私流に牽強付会して言い換えれば、「男原理への風穴」です。 詳細記事

私共和国
No.267

無から有を生む仕組み

《四分の三プロジェクト》着手段階(その4)《四分の三プロジェクト》着手段階(その4)

3QsP Day 49(2021年9月9日〈木〉)

《四分の三プロジェクト》の早くもの成果か、コロナことにそのワクチンを考えていて、免疫というものが、人間(生命全体と言ってもいいかも)の発生と進化を推進してきた基本システムだと分かってきた。というのは、最近目にした中で、多田富雄が免疫を「スーパーシステム」と呼んでいる、それがいまいち何のことか曖昧だった。それがはっきりしてきた。すなわち、私はこれまで、「自己創成」とか「オートポイエーシス」とかと言ってきたものがあったのだが、それらはみな同じものを指していたということなのだ。つまり、それこそが、自分で作りながら自分以上のものを作る、無から有を生む、生命独特の仕組みなのだ。 詳細記事

The pride of the Anglo-Saxon people, such as Britain and the United States, in their domination of the world do not allow any new power to undermine its face. In the past, Japan was used inhumane weapons such as two atomic bombs, and now, in response to the rise of China, the chronic disease has begun to appear again, by dragging in Australia over the possession of nuclear submarine. Japan should keep the possession of non-nuclear submarines, and focus on defense, and lead other Asian countries that do not want to get involved in the arms race, to admonish China and persuade the United States to maintain peace in Asia. We must not let Taiwan become a second Afghanistan, and we must not let East Asia become the stage for a new Cold War. If the dangerous situation in the world is not made an issue in the next general election, then they will happen. Do not indulge yourself in internal disputes such as the election of the president of LDP of Japan.

 

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。