8月20日の75歳の誕生日にはまだ一カ月ほどあり、“フライングスタート”なのですが、これを節目とする《四分の三プロジェクト》、略して《3QsP》、を開始しようと思います。人生を仮に100年として、その四分の三の地点に達したこの場より開始する新プロジェクトです。

今年5月の単独トレッキングにて。おにぎりをほうばって、エネルギー注入。

先に、連載記事「自分って何人」を終えるにあたり、その設問が、結局、自分の「国離れ」の有無を問うたものであったとの結論に至りました。

そして、その結論に伴い、この「国離れ」の意味することが、自分の人生体験の現場としての国内と国外の二重生活と、思考体験上のフォーマットとしての「科学」と「神秘主義」という二極への到達がゆえと見えてきたことがありました。

これをアイデンティティ(ID)との視角から言えば、私の75年の人生が、その前半における、「国」という《自然ID》の拠り所と、その後半における、人生行路が切り開いてきた《選択ID》の形成という、二重のIDの所産であったということです。

しかもそれが、75歳という《生命上の越界》にそこまで接近してきている時と、《思想上の越界》すなわち「科学から神秘主義への越界」が顧みられ始めている時にも同期しているとの、時間的一致=偶有性も働いていそうです。

加えて、この「科学から神秘主義への越界」が、たとえ「牽強付会」な解釈としてでも、量子理論という科学の最先端の領域で切り開かれているともなれば、残りの25年を飾るに光栄すぎる遭遇でさえあります。

さらには、私が1946年8月に平和に根差す戦後初の生命として誕生したことは、ヒロシマ・ナガサキを想起させる歳月からも四分の三世紀ということであり、これは「国離れ」とは逆に、日本のその慚愧(ざんき)この上もない歴史と、切っても切れない関わりを含むものでもあります。

このような多義かつ忘却もできない諸テーマをもって、この《四分の三プロジェクト、3QsP》への取り組みを始めます。 詳細記事

両生空間
No.326

Olympic開幕

《多様多彩》――「花との交信」(No.37)

【撮影およびコメント 山本 哲朗】

名前:ハス

撮影場所:上野不忍池

コメント:梅雨明けや胸先過ぐるものの影  吉田鴻司 詳細記事

天皇の陰謀』の著者、故ディビッド・バーガミニが、新作『Chinas Imperial Conspiracy(皇帝の陰謀)』を、あの世から出版した。【English version 詳細記事

私共和国
No.263

次の十年紀へ

越境体験=QL;コンタムライフ実践編(その37)

QL 2Year+195Day(2021年7月7日〈水

本欄サブタイトルの「越境体験=QL;コンタムライフ実践編」は、どうやら近々変更となりそうだ。というのは、来月20日の75歳の誕生日を迎えるにあたって、次の十年紀の到来の気配を感じるからだ。そのサインが、一昨日に記した「3QsP」すなわち「四分の三プロジェクト」だ。そしてそのキャッチフレイズは「颯爽オールディー」。

すでに昨年末、「オールディー発達学』の提唱」を書いて、その入り口には来ていた。

さて、問題は、どういう風に組み立てようか。行動として、書き物として。 詳細記事

Amphibious Space

【Parody】New book guide

China’s Imperial Conspiracy

MORE

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。