リタイアメント・オーストラリア

8月より、本サイト掲載記事の“ロングセラー”『天皇の陰謀』についてのアンケート調査を実施してきています。10月22日号で一次集計を公開しましたが、本号でその二次集計結果を公表いたします。 詳細記事

両生空間
No.310

コロナの冬

《多様多彩》――「花との交信」(No.22)

【撮影 山本 哲朗】

名前:ダリア

撮影場所:神代植物公園

コメント: 吊革に双手勤労感謝の日 長田和江

コロナの猛威はどこまで広がるのだろう? 詳細記事

両生空間
No.310

2. Differences in Politics and Thought

 

 

Middle age overseas study in Australia

In October 1984, I left Japan for Australia.

This is because, when I had completed the particularly responsible work of the labor union, I had begun to think to study again the labor movement in an international perspective.

However, my age was already 38, and to be an international student in the age was somewhat “embarrassing” for me. Further my English skill was almost minimal. 詳細記事

私共和国
No.246

自慢話めくが、私の健康志向とその心身両面への効果に関し、その老化予防は確かだという医学的実証が揃い始めてきている。たとえば、日本経済新聞の関連サイトに健康問題を扱う「Gooday」がある。その最新特集が『「脳」の力を取り戻す:「脳は加齢で衰える」は誤解 何歳でも「脳力」は成長する』である。これまでの私の話は体験談だが、この特集は、そうした体験談が真実であることを医学上のエビデンスに基づいて述べている。

『日経グッドデイ』電子版、2020年11月13日号より

詳細記事

私共和国
No.247

百年眠るトンネル体験

越境体験=QL;コンタムライフ実践編(その21)

QL 1Year+322Day(2020年11月11日〈水〉)

今日、はじった際、暑さで距離は8キロにとどめたのだが、例の公園の芝生上でのクールダウンの際、座して目を閉じ、深呼吸をしていた。まだ日がやや高く、太陽直視は避けていたのだが、目を開けると、いきなり、“黄金色”の風景が目に飛び込んできて、思わず「ここは天国か」との感慨すら頭をかすめた。 詳細記事

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。