リタイアメント・オーストラリア

2018年10月2日、連邦準備銀行は月例理事会を開き、政策金利を1.50パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、2016年8月に現行利率に引き下げられた後、連続して据え置かれています。

リタイアメント・オーストラリア

前回、本サイトへの一日あたり平均訪問者数が、9月21日時点で1091人となったとお知らせし、1100人台の達成もありえるかと書きました。ところがその後、訪問者が大幅に増え、連日1500人台を示して、結果、全9月平均で1203人(1、左側黄色コラム)となりました。 詳細記事

リタイアメント・オーストラリア

USBの調査によると、シドニーの住宅価格バブルは、いよいよ、終焉に達した模様です。下のグラフのように、シドニーのバブルインデックスは1.29であり、他の6都市にように「バブルリスク」までには至っていないものの、ほぼ中ほどの「高値過ぎ」にランクされています。

シドニーの住宅価格は、昨年、そのピークに達した後、8月までの一年間で5.6パーセント下落しています。 詳細記事

両生空間
No.260

第五章

ミユキのこと

 

一人の青年が命を落とすというのは大変なことなのだ。

彼一人のみならず、彼を必要としていた人々の人生丸ごと奪ってしまう。

 勤め先では頼もしい上司でもあり、善き隣人でもあり、嬉しそうにカズエにエッチないたずらを仕掛けてくる幼友達ミユキ。

その青年さえ生きていたら、下らんことはすべてチャラになった。 詳細記事

私共和国
No.197

 カルカッタへ:昨年のリベンジなるか

 越境体験=入り口編=その3

Day 37(2018年9月27日〈木〉)

30度以上の蒸し暑さの中を、まるで街中が縁日のような人混みをぬって、幾つもの歴史遺物を訪ねている。きまってやってくる雷雨の午後をさけて、午前中のいくらか暑さのましな時間帯に動きまわる。それでも、シャツは吹き出る汗でびっしょりとなる。カルカッタの実地学習にくわえ、山入り前の体の訓練にも、十分、役立っている。 詳細記事

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。