前号にそのレポートを掲載しましたように、「老若共闘」への具体的歩みとして、若い世代との交流が始まっています。それは「時空トラベル」と呼ばれる世代間の隔たりを旅する行為です。ことにそこには、その隔たりをつくる人生体験の長さの違い、つまり、時間という“距離”がもたらすものを、何によって、どのように互いに交換できるのか、そういう、おそらく他の機会では絶対にありえない、「時空世界」を実際に体験できる機会があります。そのような、言わば人間としての究極の「トラベル」を通じて、そしてそれをもってしかやり取りできない、過去よりの《人生の知恵》と、未来という《新品の時間》との融合が可能となります。 詳細記事

4年前に翻訳出版を完了した「東西融合〈涅槃〉思想」二部作に、昨年その第3巻が追加出版され、本シリーズは三部作建てとなりました。

その最新巻は、Beyond Esoteric: Escaping Prison Planet と題され、これをもって完結巻となっています。邦訳すれば、『「東西融合〈涅槃〉思想」を越えて:牢獄惑星からの脱出』となるでしょう。

今、その邦訳版の本サイトでのウエブ出版を検討しており、なんとか、三部作の邦訳完結としたいと考えています。ただ、もし手掛けるとなると、500ページに近い著作でもあり、相当の労力と期間を要すこととなり、他の計画との勘案が必要となっています。

その決定しだい、著者の Brad Olsen と本サイトでの出版承諾の交渉を行う予定です。

なお、出版の完了したその二部作は、本サイト「両生図書館」より閲覧できます。

 

私共和国
No.285

これってセクハラ?

右足故障は自力治癒

《時空トラベル》時代=旅立ち編=(その3)

TST Day 72(2022年6月8日〈水〉)

そろりそろりだが、はじりを復活中。寒いが快晴で、はじり日和。調子よければ6キロをとはじり始めた。超スローで体の温まるのをまっていると、なかなか悪くない感じ。3キロまで伸ばして折り返すが、足のトラブルはまったくでない。足先までほんのり温まって、かえって、ピッチが上がってくる。久々に、セーブをせずにはじれた。タイムは53分26秒。標準+5分26秒とまだまだお粗末。 詳細記事

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。