オーストラリアの住宅価格は、全国平均で、2018年の一年間に4.8パーセント下落しました。調査会社CoreLogicの調査結果によると、都市別の変化は下表の通りで、シドニーの下落率は最も大きく、年8.9パーセントに達し、メルボルンの7.0パーセントがそれに続いています。 詳細記事

当サイト「両生歩き」への2018年12月の一日平均訪問者数(Visits)は1,321人となり、11月の大上昇から一転して下降し、ほぼ11月並みとなりました(下表参照)。なお、2018年一年間では、1月の910人から1,321人へと、45.2パーセントの伸びとなりました。 詳細記事

両生空間
No.266

どういう「心の持ちよう」か

〈連載「訳読‐2」解説〉 グローバル・フィクション(番外号)

『Modern Esoteric』の訳読をぴったり昨年末に終えて、先の『Future Esoteric』と合わせた二部作は、『「東西融合<涅槃>思想」の将来性』(2017年3月)と『現代の「東西融合<涅槃>思想」』(今回)となって訳読が完結しました。そしていま、私はある感慨と読後感を抱いています。それは、4年前にこの訳読作業に着手した際、両原題のキーワードである「Esoteric」を「東西融合<涅槃〔ねはん〕>思想」と意訳〔「「ワームホール」体験の文末参照」〕した、そのほとんど直観的な《着眼》に関わっています。つまり、「<涅槃>思想」は果たして「東西融合」の基軸概念となりうるのか、との視点です。言い換えれば、この意訳は正鵠を得ていたのかとの反省です。
詳細記事

両生空間
No.266

MOTEJI 越境レポート

両生“META-MANGA”ストーリーより再掲載

この作品は、2016年12月から2年間にわたり、「両生“META-MANGA”ストーリー」に連載された「MOTEJIレポート」を統合したもので、「両生図書館」の蔵書に加えました。当作品は、早死にしたMOTEJIが、現世の旧友MATSUに《META交信》してくるレポートで、場所や時間を超越したその世界から、現世に捕らわれている友人に、そういうMOTEJIにしかできない視界――現世人類中心主義を脱せよ――を提供しています。

詳細記事

私共和国
No.203

 「即位」って、本当に必要なの?

 憲法改正考(その32)

日本人だけでも3百万の命を贖〔あがな〕って制定されたに等しい日本の平和憲法。なのに、その意味もくまぬ改正議論に加えて、すでに天皇制度にまつわる事実上のなし崩し的改変が、退位特例法の制定、施行によって実施されています。

以下の法規定のように、この特例法は不必要です。にも拘わらず、それが制定された狙いは、国民の目くらましにあります。その制定により、5月に新天皇が即位して新元号が始まり、この新年がまさに旧時代から新時代への変わり目であるかのごとき「妄想形成」が国をあげて実行されています。それほどに、国民の目をそらさなければならない、現時代を覆う薄暗さがあります。 詳細記事

私共和国
No.203

 《量子的妊娠》そして《量子的生命》

  越境体験=自覚的取り組み編=その1

Day 123(2018年12月23日〈日〉)

昨日は、知人の結婚式、それに加え、これからはパーティー・シーズンで、飲み食いの機会が増える。体重増のご用心。

運動に関し、最近ことに感じるのが、出だしのきごちなさだ。まるで、身体の各部位が勝手に動いているようで、意識して極低ペースに抑え、その調整につとめなければならない。1キロほどはじって、なんとか体が温まってくると、ようやく、体の回転が始まる感じ(これは、水泳でも同じ)。まあ、それでも今日など、8キロはじれるのだから、良しとするか。 詳細記事

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。