Author Archives:

両生空間
No.256

身に迫る、信じ難い企み

〈連載「訳読‐2」解説〉グローバル・フィクション(その74)

現在、日本では優生保護法によって断種された人たちが、国を相手とした裁判を行っています。ヒットラーも、ナチ政権下で、同様な考えを実行し、その最たるものが強制収容所と人種抹殺です。

そうした惨いことがなぜ、どのように実行されたのか、それが、食品の安全と背中合わせの問題であるとは、ちょっと関連付けては考えられないことです。 詳細記事

両生空間
No.256

食品支配と脱出(その1)

〈訳読‐2b〉現代の「東西融合〈涅槃〉思想」(その39)

== 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

食品支配と脱出(その1)

「将来の医者は、人体をもはや薬では治療せず、病気をむしろ栄養で治癒し予防するだろう」――トーマス・エジソン

詳細記事

私共和国
No.256

 「ヒマラヤOK」との医師の診断

  そこそこ健康=積極活用編=その9

Day 125(2018年6月7日〈木〉)

脳負傷以後はじめて、10キロまで距離をのばしてはじった。タイムは1時間21分54秒と、標準ペースを2分弱上回る程度で、キロ当たりは8分11秒となる。6キロ、8キロとさほどの違いはない。しかも、運動後の体重が80.2キロと重く、それでこのタイムなら上々だろう。 詳細記事

メッセージは承認制です。公開されるまでしばらくお待ちください。