2014年5月6日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。この決定により、8度連続9ヶ月にわたり据置きが続いています。

 

 2014年4月1日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。

詳細記事

 

2014年3月4日、連邦準備銀行は理事会を開き、政策金利を2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。

オーストラリアの政策金利は、こうして昨年8月以来、連続6回の連銀会議(1月は未開催)により、歴史最低の率が継続されています。

一方、3月6日付のオーストラリアン・ファイナンシャル・リビュー紙によれば、連銀のメンバーの語るところでは、家計支出の上昇、好調な輸出によって、オーストラリア経済は深刻な停滞からは脱したもようであると報じています。 詳細記事

 

2014年2月4日、連邦準備銀行は今年初の理事会を開き、政策金利を2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。 詳細記事

 

オーストラリアの家計の平均資産高は、2013年の一年で872,000豪ドルとなり、名目で6パーセントの50,000豪ドル、実質で3.6パーセントの29,000豪ドル、その価値を増やしました。 詳細記事

2013年12月3日、連邦準備銀行の理事会は、政策金利を2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。 詳細記事

2013年11月5日、連邦準備銀行の理事会は、政策金利を2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。 詳細記事

2013年10月1日、連邦準備銀行の理事会は、政策金利を2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。 詳細記事