2016年6月7日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を現行の1.75パーセントに据え置くことを決定しました。

2016年5月3日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を0.25パーセント引き下げて、史上最低の1.75パーセントに決定しました。この決定により、昨年5月以来12ケ月間にわたり据え置かれてきた政策金利は、一年ぶりに史上最低を更新させることとなりました。

2016年4月5日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を、3月に続いて、史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、昨年5月以来、据え置きが12ケ月間にわたることとなります。

2016年3月1日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を、2月に続いて、史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、昨年5月以来、据え置きが11ケ月間、連続することとなります。

2016年2月2日、連邦準備銀行は今年最初の定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、昨年5月以来、据え置きが10ケ月間、連続することとなりました。

2015年12月1日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、5月以来、8ケ月連続して2.0パーセントが維持され、新年に移ってゆくこととなります。次回の定例理事会は、2月第一火曜日の予定です。

2015年11月3日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、5月以来、7ケ月連続して2.0パーセントが維持されることとなります。

2015年10月6日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、5月以来、6ケ月連続して2.0パーセントが維持されることとなります。

2015年9月1日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、5月以来、5ケ月連続して2.0パーセントが維持されることとなります。

2015年8月7日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、5月以来、4ケ月連続して2.0パーセントが維持されることとなります。