2015年7月7日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。この決定により、5月以来、3ケ月連続して2.0パーセントが維持されることとなります。

2015年6月2日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントのままに据え置くことを決定しました。

2015年5月5日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.0パーセントに切下げることを決定しました。

2015年4月7日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、先月に続き、政策金利を史上最低の2.25パーセントのままに据置くことを決定しました。

2015年3月3日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.25パーセントのままに据置くことを決定しました。

2015年2月3日、連邦準備銀行は今年最初の定例理事会を開き、政策金利を0.25ポイント引き下げ,新たな史上最低の2.25パーセントにすることを決定しました。これにより、一昨年八月以降、連続18ヶ月間にわたって据置かれてきた政策金利は、大方の据置きとの予想に反して、最低記録を塗り替えるものとなりました。

2014年12月2日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.5パーセントのままに据置くことを決定しました。これにより、昨年八月以降、15度、連続16ヶ月間にわたって据置かれたまま年を越し、次回の理事会開催は、来年二月初めの予定です。 詳細記事

2014年10月7日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.5パーセントのままに据置くことを決定しました。これは、昨年八月以降、13度連続14ヶ月間にわたる据置き決定です。

2014年9月2日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を通常値にもどすには経済はまだ弱体すぎるとして、史上最低の2.5パーセントのままに据置くことを決定しました。この決定により、昨年八月以降、12度連続13ヶ月間にわたり据置かれていることになります。

連邦準備銀行グレン・スティーブンス総裁は、3日、高騰する住宅市場に関して警告を発し、危険なバブルに至ることのないように、連邦および州政府に必要な改革を行うように求めました。 詳細記事

2014年8月5日、連邦準備銀行は定例理事会を開き、政策金利を史上最低の2.5パーセントのまま据置くことを決定しました。この決定により、昨年八月以降、11度連続12ヶ月間にわたり据置かれていることになります。