「東西融合〈涅槃〉思想」の将来性 《も く じ》

 

ブラッド・オルセン著

 「東西融合〈涅槃〉思想」の将来性

――未知次元への飛躍――

 

も く じ

 

本書宣伝用リーフレット

 


2nd edition

 

Future Esoteric: The Unseen Realms (Second Edition)  by  Brad Olsen

http://cccpublishing.com/FutureEsoteric  www.bradolsen.com

with permission, (c) Brad Olsen, 2016


 

【注記】

I.下線付きの項目が翻訳済み。クリックすると訳文が表示されます。

II.訳者の判断で、以下の二種類の訳注が挿入されています。

(1) (訳注) として、やや長い脚注を、そのパラグラフの後に挿入。

(2) 文章の途中に、〔 〕に入れて、短い訳者のコメントを挿入。

III.訳文には、原文にはありえないリンクを張った箇所があります。それは、この訳読が原著のもくじ上の順序を前後させて進行しているため、訳注等の繰り返しの必要を補うためです。

 

 

 著者の使命観

真実を追い求めて ・「陰謀論」についてのコメント ・地球が抱えるジレンマ ・必要なのは愛 

 本書へのイントロ

エソテリックの二重性 ・大きな嘘 ・UFOと宇宙人は、事実かSFか ・宇宙外交学 ・一貫性の原理 

 

世界を覆う秘密主義

 何が隠されており、誰が何の目的でそうしており、私たちにとってその意味は何なのか。見えない幕の背後にあるものとは・・・

歴史の緒言

ノーモア隠蔽国家

忌み嫌われる隠蔽体質 ・公開・民主的情報機関 ・究極の秘密への挑戦 ・暴露はもはや無用 ・ コア・シークレット ・隠蔽の正当化 ・超高額実財産 ・その世界を占拠せよ ・あらゆる汚い手口を駆使する人々

第四帝国”としてのアメリカ

第三帝国の執念 ・ナチの逃亡ルート ・「紙クリップ」されたナチ ・ソ連をスパイする ・偽国旗作戦 ・宣伝マシーン ・アメリカのネオナチ ・「世界新秩序」という総計略

秘密政府

軍産複合体 ・国家安全保障の理由 ・秘密政府と陰謀団 ・米国憲法破壊の「MJ-12」 ・最初の犠牲者 ・NASAとは“Never A Straight Answer”(「まともに答えず」局) ・逆工学の開放 ・暗闇作戦 ・戦争はビッグ・ビジネス ・何がこうさせたのか ・エリート肥やす秘密主義 ・企業vs民主主義 ・骨の髄までもの癒着 ・インターネットは私たちの自由を守る

 メディア操作

テレビでの宗教密売人 ・自由でない新聞 ・大立者たち ・支配者の望む、庶民に知らしむべきこととは ・企業の過剰関与 ・企業力のコントロール ・公平主義政府の死滅 ・動物脳の刺激装置 ・要約すると

 暗躍の政府

No Such Agency(該当部署存在せず) ・究極の秘密 ・アンタッチャブル事項 ・アルカイダという幻集団 ・牛耳られる情報の流布 ・暗躍グループを白日にさらす 

知らぜらる科学

現代の秘密科学 ・地球環境兵器 ・フィラデルフィア実験 ・ブラウン博士頼み ・ マインドコントロール椅子 ・モントーク・プロジェクト ・チベット族の音響浮上術 ・禁じられた特許 ・ロックフェラーのあやつり ・ガン治療法の抹殺 ・ リッチ博士の今はの告白

 逆工学

ロスウェル以後 ・ナチのUFO研究 ・ロスウェル残骸を逆工学する ・実用配備

 宇宙兵器

国際政治勢力図上の変化 ・宇宙平和 ・宇宙武装化の前兆 ・ロビイストパワー ・秘密宇宙計画 ・地球エンジニアリングと気候操作

 地下基地

バイゴン(白宮)のパイプ ・南極ニュースウェイビアランド ・現代の地下基地 ・英国のピーズモア ・豪州パインギャップ ・ニューメキシコ州ドゥルセ ・NORAD ・エリア51 ・パポーズのS-4とS-2 ・米国内のET基地 ・地下製の混血種 ・DUMBSを連結するトンネル網

 

宇 宙

 時空連続空間を抜け出して異次元へ、私たちといっしょに行き来しましょう。この世からあらゆる不思議世界への必須ガイド。
 歴史の緒言

UFOの飛行

ブリル・エネルギー ・ナチのUFO ・嗅ぎ付けた米国 ・ソ連空軍UFOは本物と認定宇宙船を飛ばす ・構成と仕様 ・飛行開始 ・昇天と下降 

反重力

重力とは何か ・物質とは何か ・新物質を作る ・元素115 ・光の速度 ・重力の中和 ・重力の操作 ・宇宙旅行の鍵 ・光速付近での旅行 ・ほぼ光速での旅行の多次元性 

 宇宙次元の極秘:UFO

大半の人々はUFOを肯定 ・宇宙版極秘事項 ・水爆以上の極秘 ・二度におよぶ大統領との会談 ・グレアダ条約の失敗 ・暗闇作戦の予算 ・ジョン・リア試験 ・カナダ人の発言 ・宇宙飛行士の発言 ・融通の利かぬ小部族 ・宇宙極秘をハックする ・未だに秘密のコストを負担 ・原点に立ち帰る

 宇宙と時間

歴史と時間 ・タイムトラベラー ・地球を訪れる理由 ・タイム装置を解読 ・未来鏡の技術 ・ワームホール ・サーポ・プロジェクト ・イエローブックとレッドブック ・ ホログラフィック宇宙 

 宇宙生命体

パンスペルミア説 ・最高至上命令 ・グレイはなぜ地球に ・遺伝科学の師 ・人間誘拐と動物切断 ・ノルディック ・地球上のET基地 ・様々な宇宙連邦と評議会 ・相対する二重性 ・ドラコニアン人 ・私たちは介入なくとも向上可能か ・星の種

 人間拉致と畜牛切断

グレートプレインでの悪魔の畜牛切開手術 ・奇怪な渓谷 ・ヒル夫妻の遭遇 ・人間拉致 ・犯人は誰か ・あいの子人種 ・何が巧まれているか ・人間のクックブック ・拉致の意味とは ・ 埋め込み処置された人間

 黒服の男たち

彼らは何者なのか ・「黒服の男」は人間の特殊工作員 ・科学的調査研究室(O.S.I.R.) ・非人間もしくは異次元な「黒服の男」 ・「シェイプシフト」 ・UFO関係 ・タイムライン収束説

 未確認動物学

ビッグフット ・ オーストラリアのビックキャット ・バニッヤップ ・チュパカブラ ・海の怪物 ・ネス湖の怪物 ・モケーレ-ムベンベ ・サンダーバード ・空飛ぶ蛾男 ・ドラゴン ・ スキンウォカー牧場

 クロップ・サークル

穀物畑へのデザイン ・作物に手がかりを探る ・磁気現象以上のもの ・ 図形を解読する ・地球のエネルギーグリッド ・バーミューダトライアングル ・クロップ・サークルでETを見た警察官 ・その図形のもつの深い意味 ・ クロップ・サークルを訪ねる 

 地球外の惑星

ETと遭遇したアポロ宇宙飛行士 ・月の謎 ・月面基地 ・月面上のET基地 ・小惑星帯 ・金星 ・赤い惑星 ・地球に似る火星 ・自家宇宙飛行士、火星の宇宙基地を発見 ・火星基地 ・地球痴呆化機構 ・太陽および他の惑星 ・天の川銀河 ・

 

 ユートピア

すべての人のために、フリー・エネルギーを構想し、その開始のために、お金を消滅させよう。人類にとっての黄金時代は、もうそこまでやってきている。
  歴史の緒言

ユートピア

誰のためのユートピア ・幻想との闘い ・新しい世界を築く ・現代のパラドックス ・平和のための政府

透明性の次元

真実に立つ政策 ・対抗プロパガンダ ・透明性のための闘い ・人的直観 ・次元というもの ・エネルギー界を感受する 

 超人間力

セーガンの発言 ・考えやイメージの受信 ・パブロフの犬 ・マインド‣コントロール ・テレパシー ・遠隔視 ・遠隔影響力 ・アストラル投影 ・松果腺 ・超コミュニケーション ・インディゴ-チルドレン ・生体力学人間 ・無飲食人間 ・空中浮上 ・テレキネシス ・地球外にも人間がいることを仮定しよう ・ETからのチャンネリング情報

 総合統一場理論

神の粒子 ・トーラスを逆行する ・トーラスとは生命体である ・エネルギー流の普遍的形 ・宇宙に重力はない ・自然は真空を嫌う

フリー・エネルギー 

汚染寄生々物 ・抑圧の動機 ・石油とはそんなものではない ・エネルギー支配とは世界支配 ・フリー・エネルギーに対する反情報 ・常温核融合論争 ・テスラ技術の明暗 ・エネルギーの無線移送 ・暗殺の恐れ ・テスラの「世界システム」 ・太陽からのフリー・エネルギー ・悪いエネルギーと良いエネルギー ・ゼロ点エネルギー ・磁界エネルギーの諸装置 ・さらに越えて

 隷属を終わらせる

私たちの国どこへ行った ・憲法違反の連邦法と国家機関 ・最後の政界政府 ・企業や銀行の乗っ取り ・優生学 ・大抵の人にとって、それは想像を絶すること ・刑務所惑星からの脱出 ・いかに私たちを守るか ・不服従 ・成すべき必要とは何か ・抑圧された知識の開放 ・隷属を終らせる

 お金が消える時

ともあれ、お金って何? ・お金の君臨 ・欧米による世界支配 ・お金に追随する ・連邦準備銀行の終わり ・部分準備ねずみ講 ・秘密集団を告訴する ・お金のない世界を描く ・幻を追い求めて ・資本主義の破綻 ・お金に頼らない新モデル ・贈与経済 ・必要ベース経済 ・宇宙時代へ ・四つの原則

 究極の生き方=愛

「ヌースフィア」とPSI圏 ・それ自身を知る ・怖れを持たない ・愛の鼓動 ・地球の鼓動 ・目撃したい世界の変化 ・あなたの人生の使命 ・『必要不可欠なもの』 ・再びユートピアに立ち帰る 

 

 結語

今日の謎の「揚げ足取り屋」 ・常に自分の熱意に従おう ・奇妙な宇宙 ・そして最後に

 

参考文献

謝辞

索引〔本デジタル版ではサイト内検索がつかえますので削除〕

 

 

Bookmark the permalink.