「君、ペット飼ってる?」

「飼ってるなんてもんじゃないわね、同棲してる家族。」

「一人暮らしでさみしいから?」

「というより、その子との二人暮らし。」

「おー、母子家庭なんだ。そうなんだよね、もう、人間よりペットのほうが身近。」

「なんというのかな、人間って、結局、どこかでウソっぽいってゆうかカラをかぶってる。うちの子のほうが、ほんとに裸で打ち解けれる。」 詳細記事

今日の居酒屋談義、隣で話している男女二人の会話の盗み聞きである――――。

「ねえねえ、私って、けっこう熱心な陰謀論者だってこと、知ってた?」

「陰謀論」という何でも包める風呂敷

「おいおい、陰謀論者って、ありもしない勝手な話を作ってネットで拡散させる、あの陰謀論者のことか?」

「そうよ。あっちが言うにはね。」

「ええー、びっくりだな。君って冷静だし、そんなミーハーな人とは思ってなかったけど。」

「あらあら、ミーハーで悪かったわね。大きな見込み違いだったってことね。」

詳細記事

生成AI(Copilot)による画像

今回の場所は、居酒屋というよりレストランバーのようです。

いわゆるハッピーアワーでもけっこう早目の、昼食時を外した比較的ゆっくりできる時間帯に、お二人のリタイア世代が久しぶりに会って、遅目のランチをとりながら歓談中です。

そしてやはり、共通の話題の筆頭は、何といっても、互いのカラダのことのよう。

詳細記事

「発達障害」だなんて、なんともグロテスクな言葉が横行し始めていると思わされています。その多くはまだ子供について、まるで「お前は問題人間だ」と断定し、人としての尊さをまるまる抹殺してしまうかのような用語です。

また、その毒気を抜くつもりなのか、「自閉症スペクトラム障害」などといった、いっそう手の込んだ類似語も使用されているようです。それもその長たらしい字面が面倒なのか、「ASD」(フルスペルは、Autism spectrum disorder)なんて英語略称を使って。

――今回の居酒屋談は、そんな現状にご立腹のお年寄りのご託です。

「発達障害」への疑問は、こんな風にも

詳細記事