== 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ == 

 

過剰人口

1964年8月30日の国連報告はこう告げていた。「世界の人口は急増している。そして世界の人口は増えているだけでなく、その増加率も加速し、年間の増加率は2.1パーセントに達している」。1962年半ばで、世界の人口は31億人であった。それ以来、毎年、フランスの人口を上回る6300万人が増加している。また、人口の爆発は発展途上国で顕著である。ヨーロッパの増加率は0.9パーセント、北アメリカのそれは1.6パーセントに対し、発展途上国のそれは、3から5パーセントにものぼる。そして、世界の人口の少なくとも20パーセントは、一つの国――共産国中国――に住んでいる。

50年以上前にたてられたこうした予測は、おおむね今日も続いており、人間がもたらすインパクトは遥かに大きなものとなっている。今日に生きる人々は、かつて見たことのない規模の増加を体験している。世界の人口は、1959年に30億人に達し、2050年には90億人をこえると予想される。人口爆発の過去をたどれば、1957年、33年間かかって世界の人口が二倍になり、それが次の28年間でさらに二倍となり、そしてさらに次の24年間でまた倍増した。2011年10月、世界の人口は公式に70億人に達し、この人口は、それを維持するには、少なくとも5つの惑星を必要とするほどのもので、適正な収容能力の14倍にもなっている。車に張られたあるステッカーはこう告げている。「もっとも環境に良い行動とは、子供を産まないことだ」。 詳細記事

 

 == 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

ラジカルに見直した自然史、地球史、そして人間史。ライフオロジーは地球上の生命にまつわる既成の物語を見直す対抗言説。 詳細記事

 == 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

にせ薬効果

意識は、私たちが誰であるかについての青写真に端をもつ知的力であり、究極的にはそれを特定の様式に顕現する。そうした人間の原像は、子宮の中の成熟した卵子のDNAらせんの内に微視的に収蔵されている。私たち各自は、自身の指紋のように、それぞれ独自の霊性DNAをもっている。それはアカシック・レコード〔あるいはアカシャ年代記〕とも呼ばれ、各自の過去の生命の総体を呼び起こすものとして知られている。私たちの霊性DNAは、現生への青写真なのである。それは、過去の霊魂たちのメモリー・バンクであり、現生への生れ代わりの目的を提供している。私たちの肉体や精神的特徴がその物的DNAに記録されているばかりでなく、私たちの霊性的方向や霊魂の目的がその霊性的DNAに記録されている。そのように、私たちの各々は、特定の霊性的目的を持っているが、その目的は時として不明瞭であるため、心は私たちに手品をして見せる。その良い例は、患者が病気に対し、ただの砂糖錠剤を服用するといっただまし療法を受けた場合でも、その病状の有意な改善が見られ、これは「にせ薬効果」として知られている。 詳細記事

== 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

「宗教とは、誰か他人の体験を信じること。霊性とは、自分自身のそれを信じることである。」

ディーパック・チョプラ〔ホーリスティック医学博士〕

 

チョプラの賢明な観測は、私たちが常識とする現実を変化させるには、いくつもの道があることを教えている。自らの経験に立つことは、もっとも説得力ある方法だ。宗教の中核である誰もが打たれる神聖な真理は、自分自身のうちに見出した発見によって立つことに契機を与える。いわば、一つの真理、多様な反応である。

ここで別のシナリオを想定してみよう。近い将来、注目される記者会見において、科学者たちは、死後の世界が、実証を重ねてきた結果、実在するという発見を――事実としてではないとしても、少なくとも十分に検証された科学的仮説として――世界に向けて発表することになるだろう。こうしたテーマは、神秘家によって何世紀にもわたって告げられてきたことだが、いまや、科学が新しい主張としてその裏付けを引き受けようとしている。そしてその記者会見では、研究者たちは、死後の世界は完全に解明されているわけではいないが、誰もが自分の死についての「体験談」といったような経験をするだろうことは、おおむね確信できることであるとするだろう。そうした個々人は、その生涯のあらゆる出来事や行為ばかりでなく、その行動が他の人たちにおよぼした影響を、肯定的であろうと否定的であろうと、経験してきたはずである。ただ通常の防衛機制が、自分自身を隠してしまい、時には他人への同情的態度にもおよばなくさせてしまって、その生涯の真実が見直されるまで、否定的部分を意識の外に排除してしまっている。だが、存命中の人たちが、その死以前に自分の生涯のありのままの真実をさとった時には、生存中の行動や考えが真実に結果をもたらしていることを認識し、そして十分にそのすべてを覚るに至るのである。 詳細記事

 == 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

現代の導師

テレパシー、千里眼、そして他の卓越した霊性能力などを発揮した多くの導師は、今日の発達した科学技術に匹敵あるいは凌駕するほどにも、「意識の科学」を会得していることを示した。平均的な人間もまた、そうした能力のなにがしかはもっているものの、その大半は未開発のままに留まっている。  詳細記事

書『モダン・エソテリック』は、エソテリックの広範な分野をその萌芽期から現代までを検証し、今日の社会、科学そして経済の諸課題について、根本的に異なった視点を提示している。

 

Modern Esoteric cover small【シカゴ発】現実とはその見かけのことではない。古代インド文学から量子物理学に至る、あるいは瞑想や祈祷から意思顕現やその少数例に至るまで、そうした数々の教えや実践は、周知のように私たちの意識が現実に左右されているばかりでなく、その逆に、その現実も私たちの考えによって影響されているとのフィードバックの輪を形成して、実際の物質的現実性と私たちの考えや意識が連結し合っているという概念を樹立し始めている。

 World Explorer 誌の編集者ブラッド・オルセン著による、三部構成(ライフオロジー、コントロール、スライブ)の『モダン・エソリック:五感を超えて』〔邦題『現代の「東西融合<涅槃>思想』〕(CCC Publishing、2014年3月)は、近代史の流れを分析し、いかに古代エソリックの教えが、加速度的進歩をとげている科学とともに、現代世界が遭遇している行き詰まりを回避するために活用可能であるかを検証している。まずライフオロジーの部は、この惑星上の生命についての長い「もうひとつの物語」を展開し、コントロールの部で著者は、覇権国が“世界新秩序”を標榜して君臨し、それが、私たち大衆から人類の真の性格についての知識をいかに隠蔽しているかを論じている。そして最後のスライブの部では、人類がその秘められた可能性を全面的に開花させる道を提示している。すなわち、まさに意識こそが革命への道なのである。

最先端の科学と古代の知恵の探索と再吟味を通し、ブラッド・オルセンは、私たちの新たな社会の到来が、一方では全地球的な抑圧によって阻止されているものの、他方では、私たちがその圧制を乗り越え、誰にもに行きわたる裕福と開明に向いうることの確信を展開している。政府とメディアによる隠蔽をなくせば、その到来は可能であり、そして黄金の時代が、人間の意識の急速な発達と共に成就されるのである。

 

「真実は、戦争がもたらすのではなく、平和による産物である。公式の物語は一握りのエリートによって作られ、本当の真実は隠蔽の文明の奥底に沈められてしまっている。私たちは、愛より、恐怖にさらされた暮らしを強いられている。だが、カリフォルニアを根城とする旅行作家から陰謀論者へと変じたブラッド・オルセンは、真実は明かされ、人類が愛と思いやりに基づくユートピア社会を創設しうることを断念してはいない。」【ネクサス誌評】

 

文献詳細:

Modern Esoteric: Beyond Our Senses

by Brad Olsen

Publisher: CCC Publishing, distributed by IPG

Price: $17.95

Trade Paper/480 pages/ 6 x 9/ 180 images

ISBN: 9781888729504

著者概略:

ブラッド・オルセンは、多くの絶賛を得た書籍の編集をてがけた受賞出版者で、Future Esoteric, Sacred Places Around the World, Sacred Places North America, World Stompersをはじめとする9冊の本を書き、現在、サンフランシスコ居住。

Available at bookstores everywhere and through IPG

814 N. Franklin, Chicago, IL 60610                           

Orders: 1-800-888-4741| ipgbook.com

詳細記事

 == 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

周波数と振動

ニコラ・テスラは、宇宙のすべては、銀河から電子まで、周波数と振動によってできていると確信していた。彼はまた、宇宙のすべては、唯一普遍的な「超・意識」--知的生命組織体--によって結ばれていると感じていた。「私の脳は受信機にすぎない。宇宙では、私たちがそれから知識や強さやひらめきをえている核心が存在している。私はその核心の秘密を解明できていないが、それが存在していることは解る」と彼は語った。 詳細記事

== 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

「もし、宇宙の神秘を解き明かしたいのなら、エネルギー、周波数、振動について考察すればいい。」

ノキア・テスラ

〔アメリカの科学者・発明家。「フリー・エネルギー」の章参照〕

 

一世を風靡した合理主義者、還元主義者、そして現世の唯物的解釈者たちの死の前兆を示すものは、心についての科学の隆盛だろう。だが、頑迷固陋な懐疑主義者や自らの内なる声を聞く耳を持たぬ者たちは、いまだにテレパシーを、考えられないとするばかりでなく不可能とすらみなして、うつろな経験主義に執着している。彼らにとって、そう明言するのは有意義であろう。だが、心と心の交信の証拠は、いまやあまりに知れ渡っており、英国先進科学学会の年次総会でも提唱されている。

心の科学という分野は、ことさらに新しいものではない。宇宙の神秘に迫ること自体は、Metaphysics〔超物理学〕〔訳注〕という、古代そして今日も興隆中の、新旧両時代にわたる科学である。「Metaphysics」という言葉は、「Metaphusika」--ギリシャの哲学者アリストテレスの論文の題名--という語からきている。超物理学は哲学の一分野で、心と物質の関係と現実を考察するものである。人間の心の力がいっそう明らかになるにつれ、新たで未解明な現象を受け入れる能力も拡大してきている。 詳細記事

= 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

「私の宗教は単純です。寺院を必要とはしませんし、難しい哲学もいりません。ただ、私たち自身の頭脳と心臓が寺院で、親切心が哲学です。」

ダライ・ラマ

 

生涯のいずれの時でも、人は、命を得ているか失っているか、そのいずれかである。命を失っている時とは、病気とか死とかが、その人の長生きの可能性をむしばんでいることを意味する。私たちの身体をはじめ、命に関するすべては、つねに変化している。そのいずれもの瞬間において、人は強くなっているか、あるいは、弱くなっていると感じる。もし、命を失いつつあるのなら、死に向かっていることだ。そしてもちろん、私たちは自分を消費して生きている。私たちの皮膚は、平均35日ごとに入れ替わっており、肝臓はほぼ一ヵ月ごとに再生されている。そうした身体は、私たちたちが摂取した食物や飲み物からつくられている。文字通り、私たちが何を口にしたかが、私たちが何であるかを物語っているのである。 詳細記事

= 本書の《もくじ》へ  「もくじ」の中の《本章》へ ==

 

熟達者の知

松果腺は小さな灰色の分泌腺で、〔グリーンピースの〕豆粒ほどの大きさで、左右の大脳の間で、脊髄が脳内に達する部位に位置している。樹木の松の実も、松果腺と同じ形をしているため、この名がつけられている。松果腺の位置は、脳の幾何学上の中心にほぼ重なっている(本章末図参照)。

驚かされることに、松果腺は、古代エジプトのシュメール人や、バビロニアの芸術品や絵画の中に描かれており、私たちの祖先がその意味に気付いていたことを忍ばせている。さかのぼること紀元前2180年、エジプトの王たちは、松果腺の活動を向上させるためにschefa-foodを用い、感受性、覚醒力、直観を高めていた。松果腺は長い間、神聖な知恵の宿るところと呼ばれてきた。古代エジプト人は、一匹あるいは二匹のヘビ形の突起を王冠の第三の目のあたりにあしらった冠をかぶっていた。古代エジプトの人たちにとって、ヘビは知恵の象徴だった。これにより、聖書のマタイ伝10:16で、私たちがなぜ「ヘビのごとく賢くあれ」とさとされているのかが理解される。エジプトの女王クレオパトラは、よく自分の額に磁石を置いて下垂体を刺激し、若い活気をとりもどし、美を高めようとしていた。ただ彼女は、すでに自分の額の中に、松果腺という磁石をもっていることは知らなかった。 詳細記事