QL 2Year+89Day(2021年3月23日〈火〉)

連日の激しい雨。その雨をおして、プールへ。大量の降雨のため、プールの水は通常より15センチほど深い。淵まで達してあふれている。

雨で運動不足を強いられ、その解消のため、1500mを目標に泳ぎ始める。出だしの100mほどはよかったものの、その後は次第に調子が下がり、完泳できるかさえ危ぶまれる。だが、なんとか1000mを過ぎ、ツリそうな足をなんとかこなして泳いでいると、腕の動きがよくなってペースも上がり、意外に順調に1500mを泳ぎ切れた。ただしタイムは40分を少々上回る平凡なもの。そんなのはどうでもよい。長年のポリシー「質より量」そのものとなり、目的を達した。 詳細記事

QL 2Year+78Day(2021年3月12日〈金〉)

このところの自分の運動へのスポーツ意識の取り入れ――「健康レベルアップのためのスポーツ」とでも呼ぼう――のせいか、関連する情報へのアクセスが増えている。そこで、自転車乗りに関し、股間が痛いとか、手がしびれるとかとの長年の問題があって、目に付いたYouTube動画を見ることとなった(約2時間)。元プロ自転車選手の堂城 賢氏が提唱する「自転車をより楽に・速く・安全に走らせるための姿勢・乗り方」がそれだが、そこで提唱されている「おじぎ乗り」つまり背筋を伸ばして前傾し、重心を前にもってゆく乗り方の講義が実に有用だった。まさしく、プロの技術の開示だ。それは、要は、重心移動のテクニックなのだが、歩き方にも、走り方にも通用するもので、自分がこのところぶつかっている問題の解決に、すぐにでも取り入れたいものだった。 詳細記事

QL 2Year+62Day(2021年2月24日〈水〉)

先に、日本のスポーツ界をめぐり、「森・なおみ」対比を「日々両生」に書いた。そうした社会表層レベルの問題ではなく、自己レベルの見解として、スポーツつまり運動のもつ「挑戦性」「冒険性」がある。というのは、この対比ような、世界をにぎわす外的世界での挑戦といった話ではなく、自分の世界における挑戦つまり冒険といった面での話である。 詳細記事

QL 2Year+52Day(2021年2月14日〈日〉)

このごろ、うるさく舞い込んでくるジャンクメールに、健康増進をうたったものが目立つのだが、結局は、何やらうさん臭い品物や手法を売りつけようとするのがその目的だ。

人々の間に健康意識が広がることはよいが、それを商品にするというところで、相変わらずの商品頼りを繰り返している。簡単なことなのだが、健康の要点は、それがマネーでは買えないということなのだ。 詳細記事

QL 2Year+33Day(2021年1月26日〈火〉)

今年の夏は、比較的涼しい日が続いていたのだが、この数日は暑い。おかげで、運動がやりにくく、すること自体がストレスにもなりかねない。加えて、暑さに対する耐力が、以前に比べて下がっていることも痛感させられる。 詳細記事

QL 2Year+17Day(2021年1月10日〈日〉)

シドニー南部のロイヤル国立公園内、オトフォード駅周辺のブッシュウオーク。約16キロのサークルルートに行ってきた。

久々の上天気に加え、日曜とあって、大勢の人出。シドニーでは、コロナのクラスター発生のため、州境は閉じられ、やむなく州内の近場がにぎわっている。

ハイライトである、崖下の海岸岩礁の上に8字型のプール(写真)。満潮になると水を被る。もちろん自然の造形。人々は、まるで露天風呂につかるかの様子なのだが、水はただの海水。ただ気温は程よく暑く、汗を流して訪れた甲斐はある。ただし、帰路は、崖上まで急な山道を登りかえさなければならない。

詳細記事

QL 1Year+352Day(2020年12月11日〈金〉)

運動のねらいが、健康からスポーツ、少なくとも「健康スポーツ」といった分野に移ってくると、それに取り組む意識も変化してくる。言い換えれば、そこに「意欲」というものを伴うこととなる。チャレンジ精神の復活である。 詳細記事

QL 1Year+335Day(2020年11月24日〈火〉)

この小見出しの「QL 1Year+335Day」についてだが、QLはQuantum Lifeの略で、訳せば「量子的生活」ということは先にも述べた。それが、「 1Year+335Day」ということで、あとひと月ほどで2年間ということとなる。つまり、QLとよぶ生活を意識的に実行してきてほぼ2年を経たわけだ。それで最近、何やら、そのQLたるところが、結実してきたかのような気配なのだ。 詳細記事

QL 1Year+322Day(2020年11月11日〈水〉)

今日、はじった際、暑さで距離は8キロにとどめたのだが、例の公園の芝生上でのクールダウンの際、座して目を閉じ、深呼吸をしていた。まだ日がやや高く、太陽直視は避けていたのだが、目を開けると、いきなり、“黄金色”の風景が目に飛び込んできて、思わず「ここは天国か」との感慨すら頭をかすめた。 詳細記事

QL 1Year+305Day(2020年10月25日〈日〉)

雨天を押して10キロはじり。低温のためかペースがあがり、80分を33秒切る1時間19分27秒。 詳細記事