TST Day 72(2022年6月8日〈水〉)

そろりそろりだが、はじりを復活中。寒いが快晴で、はじり日和。調子よければ6キロをとはじり始めた。超スローで体の温まるのをまっていると、なかなか悪くない感じ。3キロまで伸ばして折り返すが、足のトラブルはまったくでない。足先までほんのり温まって、かえって、ピッチが上がってくる。久々に、セーブをせずにはじれた。タイムは53分26秒。標準+5分26秒とまだまだお粗末。 詳細記事

アデレードへ向けて飛び立つ

「四分の一プロジェクト」の柱にすべく「時空トラベル」との考えを打ち出し、その実行の手始めとしてアデレードまで出向き、男女二人の若い世代と交流してきた。私との年齢差は40歳余り。親子を通り過ぎて、孫にも近い。

この「時空トラベル」については実のところ、まだその緒に就いたばかりで、そのほんの輪郭が提示できる程度でしかない。

そこでむしろ、それを前進させるためにも、ともあれ行動を起こしたというのが正直なところだった。 詳細記事

TST Day 58(2022年5月25日〈水〉)

右足母丘部の痛みの原因を、すね筋肉の凝り固まりと狙いをつけ、そのもみほぐしに務めている。これがなかなか時間を要し、じっくり行うと、両足だと一時間近くにもなってしまう。凝っているのは両足なので、片側だけで済ますわけにはいかない。

それが、この一カ月ほどの継続で、そのまるで骨と見分けがつかなかったような凝り固まった筋肉が、まるで見間違えるように、柔らかくなってきている。

以前なら、押してみても少しもへっこまなかったものが、今では、弾力性のある文字通りの筋肉。また、つよく指圧を加えると、足先から腰にまで、反応が響く。

あとは、実際の痛みの解消につながるかどうかなのだが、ともあれ、それほどまでに固まった筋肉で運動をしていたのかと、知らなかったからとはいえ、驚きでもある。まるで虐待で、痛みが出るのも当然である。 詳細記事

3QsP Day 290=TST Day 1(2022年5月8日〈日〉)

《健康追求》の意義について、当たり前どころか、ようやく、その奥義が見え始めてきた。

世俗的にはむろん、健康の成果は「長寿」となるのだろうが、私の場合、その成果とは、《時間旅》ができるようになったということ。つまり、人生の旅を、地理空間的に行うばかりでなく、それを時空間的にも行うということ。

言ってみれば、私は《時空トラベラー》。健康でさえあれば、その「時空トラベル」が実行できるのだ。 詳細記事